2003年07月06日

ゲーム部屋

 先日のPCエンジン復活により、念願だったゲーム部屋が完成しました。
 PCエンジン、ファミコン、ディスクシステム、スーファミ、64、サターン、ドリキャス、プレステがプレイ可能です(プレステ2だけ別の部屋)。ケーブルも後ろにまとめてすっきりさせました。


<未完成時>ケーブルたらしっぱなし




<完成>ケーブルすっきり



 さあ、これでどんなゲームもできるぞ!
 という感じなのですが、現在のところきれいにしたことで満足しちゃってて全然やってません。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月13日

XRGB2-plus

 先週の追記。
 これらのゲーム機はすべてアップスキャン・コンバータ:XRGB2-plusに接続してパソコン用のディスプレイに表示させるようにしています。秋葉原のSofmapで買いました。購入価格は忘れたけど、標準価格よりは安くなっていたような。


XRGB2-plus



 通常の映像信号をVGA信号に変換するものなので、ドリキャスのVGAボックスのように画質が向上(というか本来の性能を発揮)するわけではありません。画質はチップ/設計しだいということで、他メーカーの安い機種を買うと逆に見にくくなったということもあるようですが、このXRGB2-plusの場合は画質にこだわった製品らしく、許容できるレベルです。

 RGB接続にかなり期待してたんですが、これは期待ほどじゃなくてちょっとガッカリ。最近のゲーム機など比較的画質がいいハードの場合、RGB接続だと逆にあらが見える感じです。
 元々がカクカクなほうがクリアな感じがしたので、RGB端子にはスーファミを接続。ほんとうはツインファミコンを接続したかったんだけど、対応ケーブルが見つからなかったので、XRGB2-plusのコンポジット端子に接続。
 ドリキャスはVGAボックス経由でのXRGB2-plusのVGA端子(スルー)に、PCエンジンはRFスイッチ→VHSビデオデッキ→HDD/DVDレコーダー→D端子経由でXRGB2-plusに接続しています。その他の機種はセレクタ経由でXRGB2-plusのS入力に接続しました。

 さあ、環境は整ったし、あとはやるだけデスよ?つーかやらなきゃ!

 …ってまあ別にゲームなんてそんな強迫観念でやらなきゃいけないもんじゃないんですが、本当はもっとやりたいので。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月20日

AV/マシン棚

 棚の整理が毎週末の趣味になっている私ですが。

 ゲーム机に続き、AV/マシン棚に着手しました。ルーター、ハブ等のネットワーク関連機器にEtherケーブルが集まり、HDD/DVDレコーダー、AVアンプ等にAVケーブルが集まって、もうぐちょぐちょのスゴイことになっています。


<未完成時>だらしなく垂れ下がっています



 今週はネットワーク機器とスピーカーが置いてある最上段から垂れ下がるケーブルにメスを入れることに。2時間ほどやってこんな感じになりました。


<完成>こんなにすっきり



 自分の予想以上にきれいになって大満足。さあ、来週はどこをやるかな。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月21日

DVD-VRディスクの読み込み

 PixelaのDVD-RAM/Rドライブ、PIX-DVRR/FW2でDVD-VR形式のディスクの読み込みをやってみました。
 約55分の番組をPanasonicのDVD-RAM/HDDレコーダーでDVD-RAMディスクに保存し、PixeVRF Browser経由で読み込みます。

 PixeVRF Browserのウィンドウにはボタンが3つあり、そのうち「ファイル保存」、「DVD素材書き出し」の2つがファイル書き出し機能です。


PixeVRF Browserが備えるボタン



 「ファイル保存」は、マニュアルによると『MPEG2映像ファイル』(別ページでは『MPEGファイル』と記述)として保存するとのこと。
 実際に書き出されるのは、拡張子なしのファイルが1つ。うちにあるソフトでは読み込めなかったので、具体的にどういうファイルなのかよく分かりませんでした。TypeがMPG2だったので、もしかしたらWindowsでは拡張子が.mp2とかになって普通のMPEG2ファイルとして扱えるのかも。
 もう一方の「DVD素材書き出し」では、実際に書き出されるのはフォルダ内に拡張子.m2vのファイルと拡張子.ac3のファイルの2つ。動画部分と音声部分を別々に保存しているようです。よく聞く拡張子なので一般的なファイル形式なんでしょう。

 ちなみにPowerPC G3 600MHz搭載のiBookで変換に要した時間、ファイルのサイズはこんな感じでした。

55分番組、iBook(G3 600MHz)使用

・ファイル保存:6分50秒(934.1MB)

・DVD素材書き出し:9分36秒(.m2v…790.4MB、.ac3…100.7MB)

 より高度な編集、DVDビデオの作成などについてはまた追々。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月29日

スピリッツ35号感想

 『今週のお題?』
 思い入れのあるプロレス選手…ということで、私はやはりスタン・ハンセン。小学生時代によく新日で見てました。強いしかっこよかったなあ。大学時代に久々にプロレス(全日)を見たらまだ現役でやってて、昔と同じようにウェスタン・ラリアートをぶちかます強いハンセンのままで、すごく感動しました。
 プロレスといえば『アグネス仮面』っておもしろかったなー。また連載再開しないかなあ。

『バドフライ』
 新連載。絵にクセがあって入りづらいけど、まあ話は悪くない。いかにもな青年誌のスポーツ物。でもどうにも絵、ストーリーとも何かの二番煎じ、という印象を抱いてしまう。そこそこはヒットするかもしれないけど、今までの同種の作品にない「何か」がないと大当たりはなさそう。
『極道一直線』
 今週の連載陣の中で一番おもしろかった(笑った)かも。
『THE3名様』
 「メタリカとメガデスの喧嘩を仲裁」ワラタ
『侵学期』
 短期集中連載が終了。最初から話が訳分からなかったけど最終回は一番ひどかった。
 訳の分からない設定を一生懸命説明しようとしているけど見事に失敗してます。ただウザったさが残っただけ。ここに来て舞台となる学校の地図を出すなんて遅すぎてまったく不要だし、設定を文字で説明するだけのコマがあったりともうひどいもんです。ムリに説明つけようとしないで、謎のままのほうがまだマシだった気がします。そんな状態なのに、いまだに妙な伏線的なコマを置いたりして、何を考えているんでしょう。演劇部員が妙に含みのある表情をしてたり、生活指導の教師もまるで真の黒幕とでも言いたげな感じに描いたりと最終回になっても風呂敷を畳もうとせずどんどん広げている感じでした。
 しかもこんな夢落ちみたいなエンディングなんて。なんか非常に読んで損した感じ。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | マンガ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする