2006年09月15日

時をかける少女

 この前の土曜日に見た映画の話。つくばのシネコンでアニメ版の『時をかける少女』を見てきました。


ポスターのデザインも良い



 車でぴゅーって行けて、行きも帰りも楽ちーん。しかも、全席指定なので、席があるかの心配もしなくていいので最高!
 スクリーンは小さめだけど、椅子はハイバックで座り心地が良く、前席との感覚も十分。客席自体が割と傾斜のある階段状になっているので、前の人の頭に邪魔されることなく、快適に映画を楽しめました。

 これまでは、映画を見る=一大イベントで、銀座等の大スクリーンの劇場まで行くことが多かったけど、それだけに行くのに気が重くなりがちでした。
 でも、こういう風にカジュアルに見られるのもいいなあ。相変わらず料金が高いので、そうそう気軽に行けないけど、今度からはシネコンにしよう。特に、割安なレイトショー狙いだな。

 で、映画自体はどうだったかと言うと、もう最高でした!

 貞本さんのキャラデザは文句なく、美術も素晴らしい。良く動く作画が、軽快なテンポを生み出し、ぐいぐい話に引き込まれる感じ。音楽も雰囲気にぴったり合ってるし、特に奥華子さんの歌が良い。不安だったキャストも、演技力が高いとは言い難いけど、問題なし。特に主人公の真琴役の仲里依紗さんは声質が良いですなあ。
 ストーリーも、高校生らしい、甘酸っぱく瑞々しいラブコメが展開されていて、なんとも素敵。高校生の心情がよく描かれていますなあ。

 ちゅうかね、真琴ちゃんが可愛過ぎですよ!すんごく良いキャラクター。特に中盤の仕草がたまらなく良かった。

 いやー、感動しました。これは何度も見たくなる。DVDが出たら買おうっと。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

ZW220(1/50)

 風邪をひいちゃって、今日は一日中寝てた感じ。

 で、昨日の話なんですが、仕事でとある展示会に行ってたヨメから、「クジですごいものが当たったので、あげる」旨のメールが。なにを当てたんだと思ったらコレ!


この迫力、ディテール!カックイー



 フォークリフトなどの重機、港湾運搬システムのメーカー、TCM社のホイールローダー、ZW220のミニチュアカー!1/50スケールの大迫力モデルです。


この角度がたまらない



 すごい!こんなものすごいの当てるなんて!でかした!

 発売されているミニカーではなく、販促、展示用の特注品のようです。それだけにディテールの再現度が素晴らしく、可動部分も多い。ホイールはゴム製で滑らかに走るし、アームは実にスムーズに動きます。
 うーん、やっぱり働く車は機能美に溢れててかっこいいなあ。実物も見てみたいー


ミニカー、チョロQと比べてこんなにデカい



 というわけで、ウチのコレクションに仲間入りです。さすがにデカいです。後ろに置いてあるミニカー、チョロQと比べるとそのデカさがよく分かりますね。でも、ウチにあるトミカのスケールは1/55〜1/60くらい(外箱に合わせたサイズなので、スケールはバラバラ)なので、大体同じくらいですね。実車もものすごくデカいんだなあ。
 こんなにデカいので、当然ケースには入りません。が、机に飾って、手にとってじっくり眺めてニヘニヘしたりしています。働く車さいこーぅ!
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする