2007年01月13日

フレッツ光

 ウチにフレッツ光が開通しました。
 2月開通予定だったんですが、予定より早くなって良かった。

 事前連絡もなしに宅配便で機材が送りつけられてきたり、入ってるはずだった無線LANアダプタが入ってなかったり、それどころか無線LANが頼まれてないことになってたりと、NTTらしい不備もありましたが、それ以外はすんなり終わって良かった。
 無線LANのルーティングをAirMac Stationから宅内端末装置に切り換えようとして、無線LANルーターを頼んだのです。一体化してるって話だったから、まさかスロットにPCカードを挿す形になってるとは思わなくて驚いたんですが。改めて依頼するのも面倒だし、レンタル料もかかるので、もういいやとAirMac Stationを使い続けることにしましたが。


チョロQは大きさ比較用です


 で、この宅内端末装置はPNA装置、VDSL装置、ルーターが一体化したものなんですが、本体も電源アダプタもけっこうデカい。
 まあ、それでも一体化してるからいいかと思ったんですが、各装置のボードを単純に1つの筐体に収めて内部接続しただけ?という感じの作り。裏面にはVDSL装置接続ポート用の穴が開いてて、しかもそこから中を覗いてみると普通のRJ45コネクタ付きのEtherケーブルが挿してある!しかもすぐ横にアクティブランプまで。
 ほんとに中に突っ込んで繋げただけかー。


中にEtherケーブル、LEDが見える


 まあともかく開通しましたので、gooスピードテストで計測してみました。CPUの処理能力等にも影響されるらしいので正確ではないかもしれませんが、マシンごとにどう違うか、CATV(8Mbps契約)と比較してどうかの参考にはなるでしょう。
 計測に使用したのは以下の3機種。

 ・iBook Dual USB(PowerPC G3/600MHz、無線:802.11b、有線:100Base-TX)
 ・MacBook(Core 2 Duo 2GHz、無線:802.11g、有線:100Base-TX)
 ・Mebius PC-CL1-8CE(Celeron M/1.2GHz、無線:802.11g、有線:100Base-TX)

機種CATV・無線CATV・有線光・無線光・有線
iBook2.32Mbps6.09Mbps2.89Mbps33.36Mbps
MacBook5.27Mbps5.78Mbps6.01Mbps30.50Mbps
Mebius5.30Mbps6.06Mbps5.06Mbps20.88Mbps


 CATVはMAX.8Mbpsとはいえ、実行2Mbpsくらいと聞いていたので、意外に出てるなとビックリ。CATVのスピードでは、無線/有線の違いが大差なくなっています。
 光になると、無線/有線の差が大きく出てきます。有線はかなり速くなっているので満足。ベストエフォートなので100Mbpsは出るはずありませんが、十分なスピードなんじゃないでしょうか。Mebiusだけちょっと遅いのは気になりますが、ソフト側の問題で差が出てしまっているだけでしょう。
 無線でCATVと光にほとんど差がないのが意外。iBookは、802.11bなのがボトルネックになっていますが、他のまで遅いとは。iBookはじめ、無線LANアダプタなど802.11bが混ざってるから足を引っ張られてるんだろうか。これは改善の余地がありそうです。

 ともかくスピードが必要な場合は有線でつなげば良いし、変えて良かったです。そのために家のどの場所でも届くくらいの長さのEtherケーブルも買ったわけだし。
 なにより、CATVより安いし。あとはCATVインターネットを解約しないとな。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

フレッツ光・接続見直し

 先週からウチはフレッツ光になったわけですが、予想していたよりも若干スピードが出ない結果となりました。
 そこで、とりあえず簡単にできる範囲で速度向上するかも?な対策をしてみました。

 ・ルーターへの配線変更
 ・Etherケーブルの見直し
 ・AirMac Stationの設定見直し

 まずは、足を引っ張っているなにかがあるのか、ケーブル周りを一応チェック。使用しているハブはスイッチングハブだから問題ないとは思うけど。
 そしたら、カテゴリー3ケーブルが使われている箇所があったので驚きました。根幹部分に使用していたわけじゃないし、10Base-T機器に使用してたから心配ないとは思うけど、なんかヤダ…ということでカテゴリー5ケーブルと交換しました。これによる速度向上は見られなかったけど、他にも「コレほんとにカテゴリー5か?」というようなケーブルがあったので、徐々に交換していくことにしよう…

 それからルーターへの配線を変更。
 これまでは、有線機器もAirMac BaseStationにルーティングさせていたので、こういう配線でした。

 有線機器 → ハブ → AirMac BaseStation → ケーブルモデム

 今度からはAirMac BaseStationのDHCPサーバー機能を止めて、NTTの端末装置にルーティングさせることにしたのです。でも面倒だったので単純にケーブルモデムを端末装置に変えただけにしてました。
 つまり有線機器も、必要ないのにAirMac BaseStationを通過してから外に出てました。これはスピード低下の原因になってるんじゃ?ということでこう変えました。

 無線機器 AirMac BaseStation
        ↓
 有線機器 → ハブ → NTT端末装置


 これで少しは速くなったはず!
 と、計測してみたら…あれー?遅くなってるよ?うーむ、まあこの結果は実際のスループットとは異なるということですし、誤差だと思うことにしましょう。
 あとは、徐々に機器を入れ替えて、10Base-T機器を減らしていくようにしよう…

 それから、AirMac BaseStationの設定見直し。
 速度への影響が大きそうということで、802.11gのみモードにしてみたり、BaseStationの近くで計測してみたりしました。…が、予想に反して変化なし。そういうもんなのかー。
 まあ、どちらも実際の使用シーンと比べると現実的じゃない対策なので、良かったということで。

 それならばと、セキュリティ面をいじるとどうなるのかテストしてみました。
 WEPをオフにしてみたところ、1回だけ30Mbpsと、前回計測時の6倍という素晴らしい数字が!まあ、その後はそこまで出なかったので、瞬間最大風速的な結果だったわけですが、速度が向上するのは間違いなさそうです。
 とは言え、他にも余所様の無線LANがたくさん見えちゃってるような集合住宅で、セキュリティなしはあまりに怖い。というか、セキュリティなしで晒しているのはなんか恥ずかしい感じ。
 うーん、影響はないと思うんだけど、あとは802.11gオンリーになれるように徐々に機器を入れ替えていくしかないか…
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする