2009年03月02日

1/144・HGUCグフ製作5

 昨日i-unitに続いて、HGグフ製作の続きをやりました。
 なんと2007年9月以来、1年半も何もせず中断していたのでした。まさかそんなに月日が経っていたとは。

 ヤスリがけとスミ入れくらいしかしない、ほぼ素組みではあるんですが、これだけほっぽってたらどういう手順でどこまでやったかすっかり忘れてしまってました。

 今回作成したのは胴体とバックパック。
 動力パイプはまだ作ってません。溝へのスミ入れが大変だったので、それはまた次回。


グフの胴体



 胴体は設定色では胸当て的パーツ以外は青一色ですが、説明書の作例では濃紺とのツートンで塗られていてそれがなかなかカッコイイ。そうしたかったので塗装しようかなーとも思ったんですが、今回はやめました。組み上がった後に、練習がてら塗りに挑戦してもいいかも。
 バックパックはパーツ色がライトグレーなので、少々重厚感に欠けるのが残念。ずいぶん前にF1とか車のプラモを作ってたときに使ってたタミヤカラーのガンメタリックあたりで塗ってみるのも楽しいかも。これもまた後で挑戦したいと思います。

 というわけで、今回は少しだけ進みました。
 でも楽しかったし、またがんばって組み上げたいところです。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

1/144・HGUCグフ製作6

 1年半に渡って(笑)作り続けていたHGグフも、残るは動力パイプ、顔、組み上げです。

 まずは胴体と顔の動力パイプ。

 ヒートロッドのときもそうしたのですが、溝(装甲の下が見えている部分)にスミ入れしました。
 HGシリーズでは各パーツが細かく色分けされて、素組みでもけっこう雰囲気が出るようになりました。でもやはりパーツの細かさからか、この動力パイプだけはそのままだとどうにも玩具っぽい。
 そこにスミ入れするとグッと雰囲気があがります。常識かもですが。

 まずは紙やすりをかけて、表面のツヤを消して軽い感じをなくします。


ヤスリがけした状態



 それからガンダムマーカーの黒を使用。窪みがあるので塗りやすいのですが、曲面なのではみ出しちゃうことも。でも気にせず塗り塗り。


はみ出してます



 全部塗り終わったら、目の細かい紙やすり(1500を使いました)。
 そうするとはみ出たところだけ落とせて、溝にだけマーカーが残ります。


汚れを落とせました



 最後に顔を組み立てて、各部分を胴体に組み付けます。


本日組み立てたあたり



 モノアイのバック部分は黒シールを貼る作りになってるんですが、シールだと光沢が付き過ぎて安っぽくなる気がしたので、ガンダムマーカーの黒で塗りつぶしました。狭い範囲だったので、ムラもできず期待していた色にすることに成功。

 ピンクは持ってなかったので、モノアイはシールをそのまま使用。
 でも中央から少々ズレた部分に貼ってしまい、なんだか常にちょっと左を見ているような状態になってしまいました。気が向いたら剥がして直すか、塗りなおすか…

 とうとう顔、両手・両脚を取り付け。

 可動部分が多くて楽しそうと思っていた両脚ですが、スカートが固定式のため、はめ込むと意外に動きません。このあたりはもっとスケールの大きいMG以上じゃないと無理そう。
 それでも旧キットよりはよく動くので、けっこう良い感じにポーズを作れます。

 組み込んでみると、ボディや動力パイプに入れたスミのおかげでけっこう迫力ある作りになってるんじゃないかと。特に胴体は、正面からみると継ぎ目が見えない作りになっているのが良いですね。
 その点、継ぎ目が真正面にくる脚の質感が今ひとつな感じに見えてしまいます。パテで埋めると塗らないといけないからなあ。この辺はこの先の課題というところですね。


完成しましたー



 というわけで、かなり楽しんで作れました。
 まずはこのグフを部分的に塗ってみたりしようとは思いますが、次は何をつくろうかなー。次は連邦かな。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

無印良品・引出式ポリプロピレンケース

 無印良品で引出式ポリプロピレンケースを購入しました。
 中に引き出しが2つ入っています。引き出しの開閉はスムーズだし、半透明の本体は重さを感じさせないスマートなデザインですね。


ポリプロピレンケース



 サイズ的に、ウチで使ってるFAX電話機の下にピッタリ。本体上部には補強用の金属パーツが入っているので、上にある程度の重さのものを乗せても大丈夫そう。
 デッドスペースになってたところを有効活用できました。


電話台にピッタリ



 で、これに何を入れたかったかというと、タミヤのアクリルカラー。

 これまでは昔作ったプラモデルの空き箱に入れてたんですが、紙箱なので開閉や持ち運びがしにくいし、中も見にくい。大体、全然整理している感じがしないので、イヤだったのです。

 入れてみると、高さがピッタリ。
 1つの引き出しにけっこうな本数が入るし、もう1つには筆なども入れておけるということで、一気にスマートに収納できました。


タミヤカラーが入る高さ



 塗装なんてずいぶんしてなかったんですが、これでまたやろうかなという気になりました。
 とはいえ、10年以上前の瓶もあるので、すっかり固体化して使い物にならなくなったものも多そうです。それに車やF1を作ったときに揃えたカラーなので、ガンプラを作るのに向いている色も少なさそう。
 無事なカラーがあるか確認して、必要な色をまた買おうかな。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

1/144・HGUCグフ製作7


 せっかく古いタミヤカラーを引っ張り出してきたので、使えるか確認。
 かき混ぜてみたり、シンナーを加えたりしてみたところ、ほとんど無事に使えそうで安心しました。使えなさそうだったのは2本だけ。

 最初に試した色がガンメタルで、その1本だけ筆でかき混ぜちゃってたので(他のは棒で攪拌)、もったいないからと先日完成したHGUCグフに付属のマシンガンを塗ってみました。


ガンメタル塗ってみた



 でも腕を外さずに塗ったのでグリップ部分は塗れなかったし、筆の塗料が途中で切れたので塗り残しがあったりとさんざんな状況。乾いたら腕外して残りの部分も塗ります。

 というわけで、できて間もないグフさんは早速右手がない状態です。
 でもこれからも、いろいろ試しに塗られたりされていくかもしれません。


右手がないグフさん



 とりあえず今日は新しいカラーや道具を買い足したりと、次の一体を作るための準備を進めました。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

1/144・HGUCガンキャノン製作1

 で、グフに続いて何を作るかというと、1/144・HGUCガンキャノン。
 ガンキャノンは小学生時代に1/100を持っていて、よく遊んでました。今回のは1/144ですが、懐かしいし、安く売られていたので購入しました。


HGUCガンキャノン



 連邦の中ではガンキャノンが好きなんですが、それでもやっぱりジオンのモビルスーツに比べると色がー。なので、塗装の練習がてら塗り替えちゃおうと思ったのです。
 「ジオンに鹵獲されたガンキャノン」ということで、量産型ザクの塗り分けを参考に、好きなジオンカラーにします。ちょうど、ガンダムカラーのザクグリーンの2色が手に入ったことですし。他の部分は、元々のガンキャノンの塗り分けの路線のまま、全体的にダークにできれば良いかなーと。

 まずは右足から。
 全体的にヤスリがけをして、塗装してから組み立てることにします。1つのパーツ内でも塗り分けたいところがあるので、乾かしながら毎週ちょっとずつやっていこうと思います。


右足のパーツをヤスリがけ



 早速ガンダムカラーを塗ってみたんですが、おおっ、期待以上に良い色。
 下地を塗ってないからか1回目の塗りだからなのか、まだムラがありますが、塗り終わったらかなり良い雰囲気になりそうです。塗り替えることにして良かったー。
 膝裏と足首はミッドナイトブルー、足首上部の機械部分はタミヤカラーのメタリックグレイで塗ってみました。赤が残っている部分と、2回目の塗りは来週末以降にやろうと思います。


ザク風の色に塗り替えー



 色塗ると楽しいなあ!時間はかかりますが、それだけに楽しさも持続するという感じです。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

1/144・HGUCガンキャノン製作2

 今週末も右足の塗装です。

 まず塗り分けようと前回塗り残していた部分を塗装。
 股関節はMr.カラーのミッドナイトブルー、足先はMr.カラーのネイビーブルーを使用してみました。

 乾かしてからは、前回塗装した部分の2度目の塗り。


1回目ではムラがありますが



 1回塗りでは乗りが悪かったガンダムカラーのグリーンも、2回塗りするとなかなかキレイに出ました。ツヤも良い感じ。


2回目できれいー



 ガンキャノンはまず右足を作ってみてから、他の部分の作り方を変えようと思っているので、右足を乾かしている間は他を進められないのです。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/144・FGガンダムミュージアム限定クリアタイプセット製作3

 というわけで待ち時間があったので、その間にバンダイミュージアムで購入したクリアバージョンの量産型ザクを作ったり。
 色を塗ったりヤスリをかけたりするわけにはいかないもんだから、こういうとき作るのにちょうど良いですな。
 とりあえず両脚と右腕まで作りました。


ザクの両脚と右腕

posted by もぞ at 01:00| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

1/144・HGUCガンキャノン製作3

 細かい部分を昨日塗り残していたので、爪楊枝にインクを付けてなおし。


塗り分けー



 それから、奥まっていてマスキングが困難な部分を細筆で塗ったりしました。けっこうちゃんと塗り分けられたので満足です。
 元々の設定ではここは塗り分けられてないんですが、奥にある可動部分と外板のように見えたので、色が違っていてもおかしくないだろうと思いこうしました。

 これで右足の塗装はひとまず終了。来週末には組み立てて、スミ入れと仕上げをしたいと思います。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする