2009年08月13日

お台場1/1ガンダム

 今日から夏休みです。
 ということで、お台場に1/1ガンダムを見に行ってきました。

 首都高の台場出口で渋滞にはまりかけたり、そこから脱出しようと急遽ルート変更したりで少々時間がかかったけど、13時頃に会場に到着。
 午後になったし混んでるかなーと思ったら、お昼時だからかまだ思ってたほどは混んでませんでした。グッズ売り場は全商品売り場でも90分、限定ガンプラ+パンフのみの列だと30分とのこと。ワタシがほしいのもちょうどその2つだったので並んでみたところ、それどころか10分ぐらいで売り場までたどり着けました。そんなに並ばないで済んで良かったー。

 というわけで限定ガンプラとパンフを購入しました。
 パンフは大判で写真も豊富、記事も読み応えがあります。特にこの1/1ガンダムのメイキングが嬉しいですね。


限定ガンプラとパンフを購入



 限定ガンプラは、最新のHGUC「Ver.G30th」をベースにしている模様。さすがに色分けはきれいだし、可動部分も多そうです。
 武器を携帯しないお台場ガンダムに合わせて、武器は付属せず、代わりに台座とアムロ付き。1/144アムロはさすがにちっちゃいなあ。色分けされてないので、髪、顔とかジャケットだけでも塗装してみるのもいいかも。


専用のパーツ



 で、お台場ガンダムですが、さすがにでっかいですなあ!
 プラモデルやイラストではやり過ぎに見えることもあるマーキングやスジも、実物大になるとうるさく感じることもなく、説得力がありますね。


でっかいですなあ



 このガンダム、一時間ごとに首を動かして各部からミストを放出するという演出があるのですが、グッズ購入の列に並んで真横にいるときがちょうどそのタイミング。なので胸のダクトからのも背中のランドセルからのもどっちも見ることができました。でも胸のダクトからのはともかく、ランドセルから白煙が出てると、なんか不完全燃焼してるみたいだなあ。


けむり出てる



 無事グッズを購入できた後は、前に廻って鑑賞。
 関節を再現しているあたりが特にリアルな感じで良いですねえ。派手すぎて好きじゃなかったトリコロールも、このデカさだからか、抑えた色調にしているのか、それほど悪くないカラーリングに感じました。


このあたりカッコイイ



 で、胴体とか関節は良いんだけど、やっぱり顔がー。
 まあ、ガンダムの顔は元々あまり好きじゃないんですが、今回は目が光るギミックがついていることと、顔の彫りが深くなっているせいで、クマと光る眼球ばかり目立っちゃってて、イマイチ。あんまり強くなさそうな顔してる。
 顔を見て微妙な感じになっていたら、一緒に見ていたヨメが「なんか狸みたい」と的確すぎる感想を言ったので吹き出してしまいました。
 なんか小動物に見えて可愛いくなってきたから許せる感じになった。


たぬきの目



 じっくりガンダムを味わったので、会場を後にして、第二の目的地:船の科学館へ。
 船の模型が数多く展示されていて、好きな博物館なので、ガンダム見に来たついでにこっちも見ようということでやって来ました。
 別館の青函連絡船・羊蹄丸は、昭和30年代の青森駅前を再現してあったりして楽しい。


昔の青森駅前を再現



 しかもディーゼル機関車DE10まで置いてあったりして!


EF10の勇姿



 通常の展示も楽しい博物館なのですが、今は船の科学館もお台場ガンダムで盛り上がっています。
 潜水艦の展示コーナーでは、普段も潜望鏡で科学館の外が見られるようになっているのですが、今は「ガンダムを探せ!」という張り紙がされています。実際に潜望鏡を覗いてみると、けっこう大きく見えて良い感じ。ほんとに索敵しているようで盛り上がりますねえ。


敵機発見!



 無料休憩所やデッキ、展望台からもガンダムが見えます。
 特にデッキから見ると、森の向こうにガンダムが見え、展示台や露店、見物客も見えなくなるので、ぐっと本物っぽく見えます。あたかも海から上陸してくるかのようでかっこいい。ジャブロー攻略戦みたい。攻守逆ですが。
 その点では、海のそばでもあるし、水陸両用モビルスーツを置いてほしかったところだなあ。


上陸されましたーッ!



 そんなわけで、近くから遠くから、お台場ガンダムを満喫してきました。
 このあともお台場で遊んだんですが、長くなったのであとは翌日分で。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

1/144・HGUCお台場ガンダム製作1

 お台場限定の1/144ガンダムを購入したので、早速作ります。

 せっかくの限定品だし、しかも過去のHGよりも抑えた感じの良い色調だったので、なるべく塗装せずに元の色を活かすことにしました。シールを貼る部分は安っぽくなるので、塗装するつもり。あとはゲートの処理くらい。
 まずは専用パーツから始めることに。といっても台座は切り離して、ゲート跡をならしただけですが。やすりがけしたあとにコンパウンドで磨けば、削った後もけっこうきれいになりました。

 続いて1/144アムロ。
 これも切り離すだけですが、さすがにこの小ささだとパーツ分け、色分けはできないようで、ブルー1色のパーツになっています。これだとあんまりなんで、可能な範囲でピンポイントで塗装することにしました。


塗装前のアムロ



 手持ちの筆だと大き過ぎるので、爪楊枝の先に塗料を付けて、置いていく感じで塗ることに。
 説明書の指定とは異なりますが、手持ちのカラーを使いました。台座と上着、ズボンは成型色のまま。髪と靴はMr.カラーのレッドブラウン、シャツはMr.カラーのウッドブラウンです。
 顔と手の肌が露出している部分は、タミヤカラーのフラットフレッシュ。これだけ水性だからかノリが悪かったので、2度塗りしました。


ここまでが精一杯でした



 パッケージの作例のように目や服のしわを描くのは諦めました。
 それでもこうしてちょっと塗り分けるだけで、遠目では良い雰囲気になったと思います。かなり細かかったので神経を使いましたが、わりときっちり彫られているので、さほど塗料がはみ出すこともなく。

 小さいとはいえ、こういうパーツがあると臨場感が出て良いですね。
 本体を作るのもますます楽しみになりました。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

1/144・HGUCお台場ガンダム製作2

 今日は胴体と頭を製作。

 胴体は先週接着剤で貼り合わせておいてたので、今日ははみ出した樹脂をやすりとナイフでけずり、コンパウンドで磨いて仕上げ。
 塗装しない場合には、やすりがけしてツヤがなくなった部分にコンパウンドをかけると、なかなか良い感じ。やすりがけ前とまったく同じになるわけではありませんが、周りとの違和感が少なくなりますね。


ブルー一色のボディも



 パネルの継ぎ目などを表すスジは、ガンダムマーカーのブラックまたはグレーでスミ入れ。スジはあまり深くないので、マーカーで適当に塗り、はみ出した部分を麺棒でふき取ったり、やすりで削り落としたりしました。


少々のスミ入れで立体的に



 胸部の排気口はボディと別パーツになっているので、色分けもきれいだし、立体感もあって良い出来です。


黄色一色だともたっとしてるけど



 でも、本来3枚のフィンで構成されているところが、1つのパーツになっているので、よーく見るとフィンにはあまり見えず、胸に謎の凸凹が付いてるだけみたいになっちゃってます。上級者だと3つのパーツに切り離しちゃうところみたいですが、お手軽に済ませたかったので、凹部分にガンダムマーカーのグレーを塗って影っぽくしました。
 これだけでも、離れて見たら雰囲気が出てくると思います。


凹部にスミ入れで陰影を



 続いて顔。

 グフガンキャノンだと前後貼り合わせて突起物を付けるだけとかの割と単純なパーツ構成なんですが、このキットは割と複雑。色分けをするために、あごの突起が別パーツだったり、アンテナも基部とロッドが別パーツだったりします。
 なのでただ組むだけでもけっこう雰囲気が出るようになってるんですが、やはりそれだと少々物足りない。それに目の部分はシールを貼ることになってるんですが、色が安っぽくなっちゃうし、けっこうはがれやすそう。



付属のシール



 ということで、顔の塗装に挑戦することにしました。


塗装前の顔・上部



塗装前の顔・下部



 まず、顔の横の排気口?はガンダムマーカーのブラック、パネル継ぎ目のスジはガンダムマーカーのグレー。
 他の細かい部分は、爪楊枝に塗料をつけて置いていきました。額と後頭部のカメラはタミヤカラーのレッド。ここは彫りが深くてはみ出す心配も少ないので、発色を良くするためにけっこう盛りました。
 バルカン砲はガンダムマーカーのイエローのインクだけを塗料皿に出して、爪楊枝の先につけるという方法で着色。こうすると、太いマーカーしか持ってなくても細かい部分を塗装できます。
 問題の目は黒・赤・黄の3色構成ですが、それぞれの部分に段差があるので、気を付けてればなんとか塗り分けられます。まず目の下をタミヤカラーのレッドを爪楊枝で。一番低い部分の黒はガンダムマーカーの黒でそのまま塗り、レッドのはみ出しを補修。最後に一番高い部分の目玉を、ガンダムマーカーのイエローを爪楊枝で乗せていき、はみ出したブラックを消しました。


アップだとアラが見えますが



 というわけで、細かくてけっこう大変でしたが、なんとか顔の塗り分けが終了。はみ出している部分もなくはないけど、この細かさだけにもっと汚くなっちゃうかと覚悟してただけに、なかなかよく出来たんじゃないかと。
 文字通り顔となる部分だけに、手を抜かずに塗り分けておくとぐっと雰囲気が良くなりますね。
 それから、アンテナは安全のため先端が(後ろ方向に)太くなっているので、ニッパーで軽く切っておきました。


胴体と顔が完成



 アムロと顔という心配だった部分を2つクリアできたので、このあとはお気楽に楽しんで作れそうです。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

マリーンズ−楽天

 千葉マリンスタジアムに野球観戦に行ってきました。
 カードはマリーンズ−楽天。会社の人にチケットをもらって、みんなでビールなどを飲みつつ観戦。前回の観戦からかなり期間が空いてしまいましたが、風も気持ち良いし楽しかった!

 あまり空いてなかったこともあり、今回の席は3塁側内野自由席のかなり上の方。


今回の席からはこんな感じ



 全体が見渡せてるし試合を見るには不自由しませんが、途中であがった花火は上の方が欠けちゃってあまり見えなかったのが残念。でも小さな花火を取り混ぜて上がっているときや、特大の花火だと見えるし、やっぱり生で音も感じられるので堪能できました。


上の方は見えませんが



 試合の方は、先発・渡辺俊介がホームランを浴びるものの8回途中まで4安打に抑える好投。でも味方打線が10安打を放ちながらことごとくチャンスを潰す散発ぶりで、1点しか取れず敗退。
 今日は俊介が気の毒だったなあ。でも美しいサブマリンを初めて生で見ることができたのは良かった。


美しいサブマリン



 で、今日食べた弁当は、バンダナ付き唐揚げ弁当。


唐揚げ弁当



 中身は普通の唐揚げ弁当ですが、十分美味しかったです。
 この唐揚げ弁当だけでなく、その売り場で売られていたお弁当のウリは、バンダナ。マリーンズのマスコットキャラクターであるマーくん、リーンちゃん、ズーくんが描かれた赤いバンダナにくるまれています。
 なんか包んだり、上にかけたりして使おうと思います。


バンダナにくるまれてます

posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする