2009年11月06日

東京モーターショー3

 間が空きましたが、モーターショー2009の3回目。
 一通り自動車メーカーを周った後は、いよいよトミカブースです。

◎タカラトミー

 例年だとタカラトミーブースは2階のアトリウムでしたが、今年はメイン会場内に出展。
 出展社数が減ったためにスペースが出来たからだと思いますが、その分を補うかのように力の入った展示内容だったのは嬉しい限り。

 歴代トミカ、チョロQをメーカー別に並べて、ミニモーターショーをしてくれてたのは楽しかった。


メーカー別にトミカを展示



 もちろん、TOMICA DREAM MOTORSも「出展」。これまでモーターショーやトミカ博で出展されたコンセプトカートミカが集結していました。
 今年のも、ほんとにあったらいいなと思えるような楽しい感じ。


ほんとにどっかにありそう



 ソーラーパワーで走るヨット+車のようなたいヨットは実物大でも走行モデルが作れそうだし、街中の音を動力源にするしらべなんかは実現度はともかくとして、楽しいアイデアですよね。


かわいいデザイン



 それから驚いたのが、タカラトミーブースでもエコ関連の展示があったこと。あちこちでエコだらけになっている昨今のモーターショーですが、まさかここまでとは!
 とはいえ、リサイクル率がどうのとかそんなつまらない展示じゃありません。ハンドルを回すと充電されて、そのパワーで走りますということで、充電する体験ができる楽しい展示にしてくれてました。


エコが身近に感じられますね



 その中でもすごかったのが、所ジョージさんとの共同開発で生まれた、名実共に実物大のチョロQ。
 チョロQをイメージした車ではなく、ほんとに後ろに引っ張ってゼンマイを巻いたら走る!走行距離はまだ短いようですが、まさに究極のエコカーですね。デザインもいかにも所さんらしくアメリカンでかっこいい。


まさに実物大



 他にも有名人や企業とのコラボチョロQも展示されてましたが、楽しいものばかり。
 特にJAXAのH-1、H-2ロケットはすごく気に入りました。これは絶対ほしい!販売してくれないかなあ。


H-1、H-2ロケット!



 TOWER RECORDSのチョロQも、特長を生かしたブリスターパックまで作られてて、すぐにでも販売できそうな感じ。こういうのがどんどん出てきてほしいですね。


パッケージも魅力



 そんなわけでタカラトミーブースで購入した今回の限定モデル。
 今年は商用車がなかったのが残念ですが、現行フェアレディZ、iQ、コペンの3台を選びました。どれも好きだし、歴史に残る名車だろうということで。フェアレディZとiQの色がかぶったのが残念。


モーターショー限定トミカ



 チョロQハイブリッドも購入。所さんデザインの実物大チョロQのミニチュアのチョロQです。なんだかいろいろおかしくて説明が難しいですが。
 購入したのはリモコンモデルですが、プルバックタイプとボディが共通なため、ガワを付け替えられるということで「ハイブリッド」らしいです。
 デザイン、カラーも良いし、走りも俊敏。タイヤを付属の別タイプに付け替えれば、スピンなどの派手なアクションも楽しめるモデルです。


名前は「ポンコチック」



 タカラトミーの後は、部品メーカーなどのブースをぶらぶらと。
 東京ディズニーランドのバス=ディズニーリゾート・ドリームクルーザーの実車が展示されてました。しかもハロウィンのラッピング仕様。
 ラッピングのデザインは違うものの、そのトミカも展示。ディズニーランドの中で販売されているようなので、今度行ったらぜひ購入したいです。


会場での販売がなくて残念



 VICSブースでは、VICSがどんな情報をくれるかということを説明する展示で、トミカを使って車同士の衝突事故現場とか、トラックからの荷物落下が再現されてたり。
 トミカを使ったジオラマはちょくちょく見かけますが、事故を起こしてて、しかもダメージ表現を施してあるのはまずないと思います。


フロントガラスが割れてます



 アンケートに答えるなどしつつゲットしたグッズはこんなところ。
 なかなか実用的なものをもらえたんじゃないかと。

ニッパツさんで扇子
NGKさんでタンブラー
豊田自動織機さんで三色ボールペン(写真撮り忘れた)
VICSさんで花の種
・どこでだったか忘れたけど、静電気除去キーホルダー


今回の戦利品



 それから、モーターショーとは関係ないんですが、2010年の千葉国体のマスコット=チーバくんのキーホルダー。メッセ自体の物販コーナーで販売されてました。
 横から見ると千葉県の形で、しかもちゃんと可愛い犬ということで、すごく良いデザインだと思うんですよ。なので、それが立体化されているものはぜひともほしかったのです。正面から見てもカワイイ。


チーバくん可愛い



 というわけで今年もモーターショーを見てきたわけですが。
 ニュースなどで盛んに言われている衰退ということについては、確かにと思ったところといやいやまだまだと感じたところと両方。

 確かに海外メーカーは少なかったですが、彼らは元々市販されている車の展示がメインで、キレイでありながらもあんまりやる気の感じられないブースだったと思います。それが消えたところで、ワタシ的には別に影響ないという印象でした。ワタシはそういうのじゃないのを見たくて行ってるので。
 そんなんで国際的なイベントなのかと問われれば、確かにそうですが、国産メーカーががんばってくれるなら十分役目は果たせてるんじゃないかと。
 その国産メーカーは、エコカー展示だらけなのは相変わらずですが、それでもちゃんとコンセプトカーも出してくれているのは心強い。数回前のショーほどヘンテコなのは少なくなりましたが(マツダ除く)。

 で、別館が使われてなかったり、タカラトミーが本会場に移動してきてたり、商用車メーカーが全滅だったりしたのは確かに寂しく感じました。おかげでぐっと周りやすくなったんではありますが。
 入場者数が減ったとはいえ、会期短縮の影響もありますし。会場内や駐車場はちゃんと混んでいたので、やる気のあるメーカーや好きなお客さんはまだまだちゃんと集まってきているなという感じです。

 ただ、オイオイどうしたと思ったのはトヨタ。
 良いコンセプトカーも出してくれて展示自体は良かったものの、配布していたパンフレットが異様に安っぽくなってました。安くて薄い紙で、説明も写真も貧弱、ページも少なくて情報量が少ない。これにはガッカリしましたし、ワタシの前後でパンフレットをもらっていた人も、苦笑したり自分がもらえていないパンフが他にあるんじゃないかと思っちゃってたり。
 モーターショーは実利的なところ以外にも、イメージアップを図れる場だと思うので、出展している以上こういうところはあまりお金を削りすぎないほうがいいんじゃないかと思いました。他のメーカーはいつもどおりなパンフレットだっただけに余計。
 急遽F1からの撤退を発表したりしてたくらいだし、厳しいんでしょうが…
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

1/144・HGUCお台場ガンダム製作6

 2ヶ月ぶりにガンプラ作成しました。

 今日は右足です。久々だったので思い出しつつ。
 脛の継ぎ目消しはもっと徹底してやりたかったところだけど、うまく樹脂が溶けてくれなくて、ちょっと残ってしまいました。でもまずまずきれいかな。


スミ入れ前はこんな感じ



 パネルの継ぎ目を表すモールドへのスミ入れはなかなかうまくいった感じ。
 ただ、いくらなんでも溝が多過ぎるよなあという感じ。なんていうか、つぎはぎだらけな感じでちょっと気持ち悪い。
 まあ、気になるなら埋めたって良いんですけど、どう取捨選択するべきか迷うし、とりあえずキットのままでいいかと。

 というわけで右足はほぼ完成。
 股関節の部分はダボのサイズが合わないようで上手く接着できなかったため、ダボを切り落として接着。
 クリップで留めて乾燥中なので、そこの仕上げは後日です。


右足ほぼできた

posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする