2009年12月05日

カールじいさんの空飛ぶ家

 PIXARの最新映画『カールじいさんの空飛ぶ家』を見てきました。
 『WALL・E』に続いて、PIXAR作品を2作連続で劇場鑑賞です。

 3D版も同時公開ということで、せっかくだからと3D版(吹き替え)を観てきました。
 3D眼鏡を借りて装着することになります。普段している眼鏡の上に3D眼鏡をするので、あんまり安定せず、途中何度もズレを手で直すことに。かけている眼鏡、人によってはきちんとフィットするのかもしれませんが、ワタシ的にはけっこう気になりました。このへんがクリアされれば、もっと3D作品が快適になるだろうなあ。
 両目の間に赤外線受光部があり、スクリーンに映し出されるフレームと同期を取っている模様。なので、その部分を手で覆うと3Dではなくなります。とは言っても、見た目上さほど違和感もなく、ただ立体感がなくなるだけ。元々3D CGアニメなので、実はあまり差を感じません。フィルタリングされないためか、視野が明るくなって観やすいかも?とか思っちゃったり。

 で、どう見えたかというと、さすがに3D黎明期の作品のようにわざとらしくないのは好感。昔の3D作品って、ストーリーにあまり関係なく鋭角なモノを飛び出させて、観客を驚かせたりしたじゃないですか。
 ああいう演出はほとんどなく、画面上のオブジェクトの立体感、遠近差を自然に見せるような形。まあ、もっと「家」が飛ぶシーンが多いのかなーと思ってたので、そういうのがあまりなく、3D体験したという感覚が薄くて残念だったくらいです。
 家の後ろから三人称視点で背景が流れる映像とかいっぱい入れても良かったのに。

 ストーリー的には、十分楽しめましたが、期待というか予想してたのとはちょっと違う部分もあった感じ。
 年寄りの冷や水的冒険活劇なのは確かだし、ジブリ作品を思わせる演出が多いのも楽しかったけど、それとはちょっと違う冒険を期待してました。
 でも、なんだかちょっと切なくなったところも。CMでも言われているのでネタバレにならないと思いますが、主人公カールの奥さんが序盤で死んでしまうんですがね。それを分かった上で見ているもんだから、初登場の瞬間から、あーこの子はカールより先に逝ってしまうんだなあと思うと、二人の幸せな結婚生活が描かれるほど切なくなってしまう。
 開始早々、泣きそうにというか、鬱になってしまいました。

 でもまあ、ともかく登場するわんこが可愛かった!敵も味方も、どのわんこもすっごくカワイイ。わんこのための映画!


ダグ



 その中でも特に可愛かったのが、ダグ。
 おばかなところがムチャクチャ良いですね。松本保典さんの吹き替えの演技も素晴らしい。

 あまりに可愛かったので、ダグのぬいぐるみを買ってしまいました。ボールを引っ張ると、ダグがぶるぶる震えながら、ボールが巻き取られていくという仕様ですが、初期不良なのか巻き取られずに延びっぱなしです。
 が、そこが逆にバカ犬っぽくてなんだかラブリーな感じなので、これで良しとしました。ダグだけでも十分可愛いですし。

 吹き替えについては、客寄せのために有名芸能人を起用していないため、なかなか良好でした。
 ラッセル役の立川大樹さんは多分子役だと思うのですが、さすがに棒演技。まあこれは仕方ないか。でも同じ子役でも少女時代のエリー役の松元環季さんの演技はさすが。もっと出演してほしかったなあ。
 で、他は一流声優がズラリなので大満足。特にカール役の飯塚昭三さんはどハマリですね。マンツ役の大木民夫さんも好演でしたが、もっと凶悪な感じの声、演技の人起用でも良かったかもという感じも。

 というわけで、なかなか楽しかった。3D作品を体験できたし、劇場で見るエンターテインメント作品としては上質。
 過去のPIXAR作品も見たくなってしまいました。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

Buffalo・HD-H160LAN故障

 2004年から使用してきたNAS:BuffaloのHD-H160LANが逝ってしまいました…。まあ、治せそうなら使い続けますが。

 このHD-H160LAN、最近ずっと騒音がしてたんです。
 かなりの音量でぶぉーんと鳴っていて、近くにしばらくいると頭が痛くなるほど。せっかくなんでICレコーダーで録音してみましたが、こんな感じ。ビットレートが低い上に他の音がない状態ので分かりづらいでしょうが(ゴトッという音はマイクをぶつけたときのノイズです)。

 去年のはじめ頃から騒音がしてたんですが、ここ数日特に酷い状況に。
 多分ファンがおかしいんだろう、でも開腹してファン交換するにはバックアップしてから…ということで、まず外付けハードディスクへのバックアップを実施。iPod用のMP3サーバーとして使用していたので、その役割を1TB(RAID1で500GBとして使用)のNAS:LS-WTGL/R1に担わせるため、ファイルの移動をして、ようやく移行が終わりつつあるという状況でした。
 そうして、HD-H160LANを使わなくて済むようになったので、電源を落として静かな静寂を手に入れたのでした。


6年間働き続けてくれました



 で、ちょっと用があったのでもう1回電源を入れようとしたところ、起動せず。
 フロントパネルのDIAGランプの4回点滅を繰り返した後、電源が落ちるという状態になりました。
 DIAG×4回が示すのはファンの異常。やはりそこだったかー。

 ということで、いよいよファンを治さないと使えない状態になったのでした。
 容量的にはLS-WTGL/R1があれば当分大丈夫なのですが、せっかくなので開腹しての修理に挑戦してみようと思います。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

アイ・オー・データ・BRD-UH8

アイ・オー・データのUSBの外付けBlu-rayドライブ、BRD-UH8を購入しました。

増え続けるデータを効率的にバックアップしようということで購入しました。
MacはまだBlu-rayに完璧に対応しているとは言い難い状況ですが、データ保存用として使えて2万円ちょっとなら十分値がこなれてきたと言えるのではないかと。
本体はけっこうなサイズ、重さで、存在感バッチリ。しっかりしたゴム脚も付いてるし、筐体の質感も安っぽさがないのは、さすがまだ出始めのハードウェアという感じです。


けっこう大きい


Mac用のソフトは付属していませんが、データを書き込んだBlu-rayディスクならドライバなしで読み込めるし、Mac用の定番ライティングソフト:Toastがあれば書き込みもできます。ウチは既にToast 8を使用していたので、それで書き込んでみました。
BD-REディスクに書き込んでみたところ、まだこなれていないと感じた面もあり。まだワタシが使いこなせていない面もありますが。

リライタブルなディスクなので、まずフォーマットしないと使えないんですが、フォーマットし終わるとディスクが排出されて、実際に焼きこむには再度挿入しないといけなかったり。これは謎な仕様です。
追記ができるはずなのに、ディスク全体の書き換えしかできないように見えるのもよく分からないところ。やり方が違うのか、設定が違うのか…。
それから、REのディスクをFinderからの操作のみで書き込めるようになるというToast Dynamic Writing機能がうまく働かない感じ。これも何かワタシが間違っているのか…。

でも、ライトワンスな感じでBD-REディスクのフル:約25GBを焼いてみたところ、大体30分くらいで焼きあがりました。けっこう速い印象。
DVDだと6枚分ほどのデータが1枚に入るのはやっぱり素晴らしい。焼きあがったディスクを一番最初に入れたときの挙動がおかしかった(データを読み込めなかった)のがちょっと気になりますが、以降は問題なく使えてます。
Windowsでの動作を含め、まだいろいろ試す必要がありますが、これで快適にバックアップを取れそうです。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

MacBook Pro不調

 2008年の1月からMacBook Proの17インチモデルを使用しているわけですが。

 昨夜から起動しなくなってしまいました…(この文は先代メインマシン=iBook G3を引っ張り出して書いています)
 電源は入るけど、起動音が鳴らず、ディスクにアクセスしない。なので、画面は何も表示されないまま。うーん、EFIが起動していない感じ。なので、その先に進めないし、他の手も打てない状況です。
 一応、他のサイトさんの情報も参考にしつつこんな感じで試してみましたが…

・PRAMクリア→ダメ
・Optionキー押下(BootCampでWindows起動)→ダメ
・Snow Leopardインストールディスクからの起動→ダメ、というかディスク取り出せなくなった
・周辺機器取り外しての起動→ダメ
・外付けハードディスクからの起動→ダメ
・SMCのリセット→ダメ

 というかですね、Caps Lockキーを押してもランプが付かないので、キーボードに通電していないっぽい。なので、上記のキーボード操作によるリセットは全部ダメです。電源ボタン長押しで強制オフできるくらい。
 これは…本格的な故障なのか…!Apple Storeに入院となると、年末年始でもあるし長くかかりそうだなあ。
 Time Machineでバックアップさせておいて本当に良かった。おかげでとりあえずデータはほぼ無事なはず。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

MacBook Pro修理

 今日からお正月休みに入ったわけですが、連休初日にやったのは…!

 起動しなくなったMacBook Proを診てもらうためにAppleストアに持っていくこと。
 やはりロジックボード交換になるだろうということで、入院となりました…
 料金は¥51,450。ただ、検査の結果もしハードディスクなど他の部分にもおかしいところが見つかった場合でも、この料金内で対応してくれるとのこと。仕方ないので、この際すっきりキレイになって帰ってきていただきましょう。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デリーとみはし

 せっかく銀座に来たことだし、インド料理店:デリー銀座店でお昼。愛機故障でダウンした気分を、スパイシーなカレーで復活です。
 二種類のカレーとライスにドリンク、タンドリーチキン始め何種類かの副菜がセットになったお得なランチメニューをいただきました。選んだカレーは、デリーカレーと、100円プラスで選択できるチキンバター。チキンバターはただマイルドなだけでなく、スパイスの香りが強くて深みのある良い味です。
 副菜の方も美味しいものばかり。特にサモサが久々だったし、非常に満足でした。


いろいろ食べられて楽しい



 で、そのあとはパセラでアニソンカラオケをやって、みはしでお茶。
 あわぜんざいというのを始めていただきましたが、コレ気に入った!あわのモチモチとした食感が良いし、あんこの甘さを緩和してくれるので食べやすい。


みはしのあわぜんざい

posted by もぞ at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チーバくん

 地元に帰ってきてから東急ハンズを覗いたところ、ゆめ半島国体・千葉大会のマスコットキャラ=チーバくんのぬいぐるみを見つけたので購入。
 ストラップはモーターショーに行ったときに購入したけど、ぬいぐるみもほしかったので嬉しい!小さいサイズのを購入しましたが、形が良いし気に入ってます。
 やっぱりチーバくんはかわいいなあ!


チーバくん!



 というわけで、いろいろ遊べたし、連休初日は愛機を入院させて一安心できました。
posted by もぞ at 02:00| Comment(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする