2010年05月09日

1/144・HGUCギャン製作1

 HGUCお台場ガンダムの次は、HGUCギャンを作ることにしました。
 ゼータが途中のままほっぽってる状態なんですが、ゼータのほうは相当手を入れないと満足できなさそうなので、まだ気合が入らない。
 その点、ギャンはプロポーション自体はなかなか良いと思うので。

 まずはパーツを確認。
 HGUCの第2弾で発売が1999年と少々古いだけあって、最近のモデルよりもずいぶんシンプルな構成で、パーツ数も少ない。


HGUCギャンのパーツ


 で、まずは仮組み。
 ギャン自体に愛着があるし、素直な作りで手が入れやすそうな感じがするので、今回は気になるところをいじることに挑戦してみたいと思います。
 全体的には、継ぎ目が目立ちそうなパーツ構成という印象。正面、または設定でエッジになってない部分に継ぎ目が来ることが多い感じ。噛み合わせが悪い部分もあるし、継ぎ目消しはしっかりしておこう。


継ぎ目が目立ちそう


 足首は可動範囲が狭い感じ。本やネットの作例ではジョイント部ごと変更しているものが多い。この改造はハードルが高いけど、そもそも足首が非常に付け難い不思議な構造をしているので、挑戦する価値は高い。
 それから、足首周りが寂しい。フレアが大きく開いて中が丸見えなのにもかかわらず、ダボが堂々と見えちゃってるのは気になる。それから裏側も寂しい。プラ版とかバーニアノズルで隠すのがいいのかなー。


足首周りはやってみたい


 腕。拳がもったりしてる印象で、おもちゃっぽい。
 サーベルや盾を持たすにはこの拳がいいんだろうけど、もっとリアルなシャープな感じに変えたいところだなー。コトブキヤのハンドに変えるだけでぐっと良くなりそうな感じ。


拳が…うーん…


 続いて胴体。
 ハッチのモールドが浅いので、すぐ消えちゃいそう。このままだと腹のあたりが間延びして見えるので、なにか手を入れたい。モールドを彫りなおすか、コトブキヤのハッチでも使うか。モールドパーツやデカールを貼っても見栄えが良くなるかも。
 胸のダクトのモールドも甘く、もっと迫力が欲しいところ。穴を開けるか、モールドパーツを組み込むか。
 脚のフレア同様、スカートの中も殺風景。足の稼動のためにはあまり仕込めなさそうだけど、裏側の処理くらいはしたほうが良さそう。


いろいろいじりたくなる胴体


 作例でも良く手を入れられている顔もなにかやってみたい。
 モノアイ用スリットの周りや、顔の輪郭をシャープに変えると良い模様。最初からあったのか自分でやっちゃったのか分からないけど、端が削れてしまっているので、ここの補修とともにやってみたい。
 それから、平面的な黒パーツ+シールという構成のモノアイ自体もぜひ変更したい。スリット部を奥まらせて、目はHアイズを貼り付けるか。モノアイ可動はハードルが高いけど、できたら面白いだろうなあ。
 それから、アンテナは尖らせないとかっこ悪いかな。


顔は改造しやすいらしい


 武器関連。
 サーベルはパーティングラインが目立つので、処理が必須か。とはいえ、サーベルを持ちっぱなしのスタイルだと、どうにもおもちゃっぽくて好きじゃない。何も持たせないか、あるいは設定に反するけどライフルを持たせるほうが精悍になりそう。
 シールド裏側は、ハイドボンブ射出口を飛び出させた代わりに窪みができちゃっててちょっとかっこ悪い。ここは埋めたほうが良さそう。でかい上に目立つパーツなだけに、モールド追加と共に手を入れてみたいところ。シールド裏へのサーベルラック追加は、作例ではよく行われているけど、パーツのスクラッチはまだ自分には無理かも。


シールドの裏


 ということで、仮組み終わり。
 改造なんてしたことのない素人ですが、そんなワタシでもいろいろやってみたい、やったら良くなりそうと思わせてくれる、やりがいのあるキットいう感じがします。
 何分初体験なので、きっと思い描いているようにはならないと思いますが、やっぱり挑戦してみないと!例え失敗したとしても、シンプルな構成のキットなので、なんとかリカバーできそうに思えてしまいます。


良い壷。


 大変そうだけど、この先を作るのが楽しみ。
 カラーリングも思い切って変えてみたい。
 手を入れなくても良さそうなところから継ぎ目消し、塗装をしつつ、またなんか良いパーツがないか探してみようかな。
posted by もぞ at 00:00| プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

マリーンズ−スワローズ戦

 千葉マリンスタジアムでマリーンズ−スワローズ戦を観戦してきました。

 野球自体が去年の夏以来、スワローズの試合となると一昨年以来です。
 幼少時からのスワローズファンであり、マリーンズも応援している身としてはこのカードは微妙な感じですが、交流戦は観戦したことがなかったので見ておきたかったし、職場の上司からチケットを安く譲ってもらったので。
 スワローズ側である三塁側内野自由席の1階で観戦しました。なかなか近くてよく見えます。


夕焼けがきれい



 で試合のほうは、先発のバーネットが初回から打たれまくりで、いきなり5点取られるという厳しい展開。4回にさらに1点取られて6失点でした。
 対してマリーンズの先発の成瀬が好投。中盤まで2安打に抑えられてしまってました。宮本のツーラン、青木のソロと3点を返して盛り上がるところもあったものの、結局6-3と敗れてしまいました。
 でも、試合自体は動きがあっておもしろく、良い季候の中気持ちよく観戦できました。5回終了時には、今年初の花火も見られたし!


初花火。



 今回晩ご飯として食べた弁当は、千葉ロッテマリーンズ和弁当。マリーンズの今年のスローガンである「和」をテーマにしています。


ステッカー付き



 地元・千葉の食材にこだわった和風弁当ということで、いろいろなおかずが楽しめる、とても美味しいお弁当でした。やはり海の幸が多いのが嬉しい。


千葉の食材尽くし

posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

Griffin・PowerBlock Reserve

 持ちが悪いと評判のiPhoneのバッテリーですが、朝にフル充電の状態にしておけば、これまでは困ることがほとんどありませんでした。
 が、出先で写真撮ったりツイートしたり、Webで調べたりとかやってると、どんどんiPhoneのバッテリーが減って困ったことに。一日中使ってた昨日なんて最後は起動しなくなってしまうほどでした。

 これじゃちょっと出かけたときなんか困るかもしれない、ということで購入したのが、GriffinのiPhone用の外付けバッテリーパック、PowerBlock Reserve

 同様の製品はいろんなところから出ていて、どれにするか悩んだんですが、iPod/iPhone関連グッズを多数出しているということで信頼できそうなGriffinのに決定。
 値段的にも充電容量的にも中間ぐらいに位置する製品で、適当かなと。iPhoneをフル充電するほどのパワーはないんですが、非常用と割り切れば。
 それにデザインが良く、バッテリーも小さくて軽量なので、常に持ち運んでも邪魔にならなくて良いですね。


外付けバッテリー



 充電は付属の充電器で行います。
 ケーブルなど余計なものがなく、スマートな感じ。バッテリーと充電器の接続はDockコネクターでなく、磁石状の接点で接続します。それほど強力じゃない磁石なだけに、縦向きで接続すると充電器からバッテリーが外れてしまうという欠点がありますが、ワタシとしてはDockコネクター接続よりこっちのほうが好き。
 USBポートも付いてるので、充電器単体でもUSBケーブルを介しての給電が可能。


充電器に接続した状態



 iPhoneに接続すると、問題なく充電してくれました。
 サイズもぴったりだし、色的にもよく合ってます。


カバーした状態で接続可能



 Dockコネクタの根元に段差があり、バッテリーから直接コネクタが生えていないので、高さ的に余裕があります。
 なので、このようにカバーをつけた状態のまま、しっかりとDockコネクタに接続可能。これが難しそうな製品も多いので、嬉しいですね。
 これでもう出先でも気にせず使えます。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする