2010年09月05日

カップヌードル・シャア専用チリトマト

 カップヌードル・シャア専用チリトマトを購入しました。

 キャラホビ2010で展示されているのを見て、購入しようと思ってたんですが、発売開始はもっと先だと勘違いしてたのです。なのでゲルググが付属した赤いチーズチリトマトヌードルは入手できず。
 ザクが付属したチリトマトヌードルと、ズゴックが付属した辛さ3倍チリトマトヌードルの2種類を確保しました。でも一番ほしかったズゴックが入手できたので満足です。


チリトマトと辛さ3倍バージョン



 というわけで、ズゴックを作ってみました。クリアタイプで1/380スケールです。
 カップヌードルの蓋の面積分なのでランナーは3枚になるけど、さすがにシンプルなパーツ構成。とはいえ、そのまま組んでイメージどおりになるように3色に色分けされています。胸の排気口もきちんと色分けされているのには感動しました。


ズゴックのランナー



 とはいえ、二の腕やモノアイ部分は色分けされてません。
 そのまま組んだらすぐできちゃうので、少しだけ色を塗ってみました。


一色だと物足りないので



 まずはモノアイ周辺。
 モノアイをガンダムマーカーの蛍光ピンク、モノアイレール部分をガンダムマーカーのスミ入れ用ブラックで塗装。グッと雰囲気が出ますね。
 コックピットハッチは設定どおり白く塗りたかったけど、適切なホワイトがなかったので、ガンダムマーカーのスミ入れ用グレーで塗ってみました。うーん、大分イメージと違うなあ。修正液でも使ってみれば良かった。


ガンダムマーカーで着色



 二の腕はMr.カラーのブラックで塗装。
 ちょっと厚ぼったく塗っちゃいましたが、まあアクセントは付けられたし良かったかな。

 というわけで完成。
 さすがに小さい!けどカラーリングもプロポーションも良いし、飾って嬉しいキットだと思います。

 HG ガンダム Ver. 30thに付属の1/144アムロと並べてみました。
 あれ、なんか意外にアリな感じの比率。換算すると約7mというところか。設定の18.4mよりも、むしろメカとしては適切なサイズのような気がする。


1/144アムロと



 続いてセブンイレブンカラーのガンダムと並べてみると、おお!ピッタリ!
 セブンイレブンガンダムは1/400なので道理で。


セブンイレブンガンダムと同じくらい



 1/200のHCM PRO・ジャブロー潜入セットのズゴックと並べてみると、倍近いスケールの差なのでさすがにサイズが違いますね。でもなんだか親子みたいな感じで楽しい。


子供が生まれました



 1/144・HGUCズゴック(量産型だけど)も持っているんですが、まだ作ってないので並べられないのが残念。


親子水入らず



 簡単に作れるとはいえ、やっぱり完成して並べたりすると楽しいなあ。
 作成中の他のガンプラもがんばろう。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

長野1

 連休は一泊二日で長野に行ってきました。

 三連休の初日下り線ということで、やはり渋滞。圏央道で時間がかかり、予定より2時間ほどかかって長野に入りました。
 まずは三芳PAで買い食いしたのは、いも恋万十。中はあんこと芋そのものといった感じで美味い。気に入りました。


いも恋万十



 で、お昼ご飯は横川SAで。
 このあたりならではの味ということで上州もち豚の生姜焼き定食をいただきました。もち豚の名前通り、肉厚なのに柔らかなもちもちとした食感で、美味しかった!


上州もち豚の生姜焼き



 さて、長野での最初の目的地は善光寺。歴史あるお寺なので、ずっと来たかったのです。ようやくお参りできて嬉しい。


愛車・istに引かれて…



 お堂は堂々とした作りで、圧倒されます。まずいらっしゃるのが、なでるとその部分が良くなるという「びんずる尊者」。昔からいろいろな人に撫でられているので、あちこちツルツルになっています。御利益ありそう。

 その奥で、ご本尊をお参りする「お戒壇巡り」もしてきました。
 といってもご本尊を見ることはできません。光の全くない真っ暗な通路を手探りで進み、ご本尊の下にあるという極楽浄土への錠前を触るというもの。
 真っ暗といってもそのうち目が慣れるだろうと思ったら、まったくなれず、まったくなにも見えない真の暗闇。ここまでの暗闇は人生初体験でした。何度も前の人にぶつかりそうになり、何も見えないことに不安を抱きつつ、なんとかその錠前らしきものに触れてきました。
 これだけ暗い=別世界というか俗世と離れた感じになるので、なんだかいつもとは違う気分になってお参りする感じです。すごく御利益がありそう。

 続いて松代の真田邸へ。


真田邸



 松代といえば『世紀末オカルト学院』の舞台になっている町。
 隣接する真田宝物館と合わせ、劇中で文明が美風に案内されて廻ったところの一つです。
 実際に行ってからもう一度その回を見ると、より一層楽しい。劇中では真田邸→真田宝物館への移動も、美風のポルシェで移動してましたが、その間わずか歩いて数十歩という距離。というか、松代駅、松代城趾を含めても、全部徒歩圏内というか歩いた方が早い。


真田宝物館



 見学の後は、真田邸前の売店で、二人も食べていた門前お焼きをいただきました。


門前おやきのお店



 夕方なのでつぶ餡とかぼちゃしか残っていませんでしたが、美味しかったです。


あんとかぼちゃ



 松代城趾は門がきれいに整備されていて、当時の雰囲気を知ることができます。ここも『世紀末オカルト学院』で行っていたところ。


松代城趾



 このあたりは、のどかで広々として良いところですねえ。


画面に映ったのはここ?



 というわけで一日目ももう夕方になったので宿へ。
 上山田温泉の旅亭たかのに泊まりました。8室のみですが、その分一部屋は広いし、いきとどいたサービスが受けられます。


旅亭たかの



 肝心の温泉ですが、岩と桧の2つの半露天風呂があり、日替わりで男湯と女湯が入れ替わります。硫黄の香りがする気持ち良いお風呂。さらに有料で貸し切り風呂もあり、そちらも楽しみました。
 温泉を存分に堪能できました!


貸し切り風呂



 晩ご飯は部屋でいただきます。
 量は多すぎず、ちょうどいいくらいのボリューム。安心していろいろな料理が楽しめます。
 特に良かったのが、やはり地元の味という感じの酢炊き鮎と、信州産の牛のサイコロステーキ


酢炊き鮎とかいろいろ



 サイコロステーキは陶板で焼いていただきます。表面をしっかり焼いても、柔らかくジューシーで、非常に美味しかった。


ステーキステーキ!

posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

長野2

 長野・二日目の朝食も部屋で。


二日目の朝ご飯



 特に味噌の朴葉焼きが美味しかった。香ばしい香りがご飯に良く合います。


味噌の朴葉焼き



 さて、二日目は上田城から。
 上田城の門といえば、『サマーウォーズ』の陣内家の門のモデルになった所です。陣内家の屋敷はもちろんありませんが、確かに同じ!お城の門と同じサイズのものがある家ならそりゃあデッカイ家のはずだー。


健二がこの門を見て驚いた



 上田城も真田家縁の城。
 なので、城址公園の中には真田神社なんてのもあります。いろんなところに六文銭をモチーフにしたものがありました。


輪をくぐると良いらしい



 続いての目的地、松本に行く途中のどこかでお昼ご飯を食べようと、探しながら移動。

 たまたま見つけた蕎麦処奈賀井というお店に入ったらこれが大当たり!


蕎麦処奈賀井



 ワタシとヨメで発芽田舎蕎麦深山二色蕎麦をいただいたんですが、どちらもすごく美味しい。十割蕎麦の香りがとても良いです。食べ応えもあるし、高くない。
 良いお店で信州蕎麦を堪能できました。


発芽田舎蕎麦




深山二色蕎麦



 で、松本に到着。
 ずっと来たかった松本城です。黒い壁が風格があって良いですねえ。


赤い橋とのコントラストが良い



 松本城の400年まつり(1993年)のマスコットキャラクターとして夢丸というのがいるらしく、記念碑がありました。なかなかカワイイ奴。この着ぐるみがいれば良いのになー。


夢丸くん



 この松本城、外から見るだけでも美しくて良いのですが、せっかくだから天守閣に登りたい。
 ということで中に入ったら、さすが三連休だけあってものすごい行列。


さっきと反対側からの松本城



 天守閣に入る列に並び始めてから入るまでもたっぷり待ったし、天守閣に入ってからも大渋滞。結局最上階まで1時間30分ほどもかかりました。
 でもその分、歴史あるお城の中をゆったりたっぷり見られたし、中にはいろいろな展示もあるので、楽しめました。それに、一番上はさすがに良い眺めで、風も気持ち良い!


まだまだ行列が続いてます



 松本は大きな町ですが、歴史を感じさせる雰囲気もありました。
 古い家やお寺もあり、普通の家の端にも風情あるものが置かれてたり。
 今回は行かなかったんですが、縄手通りという通りには蛙くんの像があったりするそうです。松本と蛙って何か縁があるんでしょうか。


道端で出会った蛙君



 続いて、旧開智学校へ。
 日本最古の小学校だそうで。現在の開智小学校のすぐ横に、明治時代に建てられた旧校舎が残っています。
 今回は都合により中に入らず、外から眺めました。モダンな感じのするお洒落な建物ですねえ。


旧開智学校



 それよりも気に入ったのは、旧開智学校のすぐ横に建つ旧司祭館


旧司祭館



 駐車場の裏にあるような感じですが、水色の壁のアーリーアメリカンな外観が合ってて、とても良い。置かれている家具も可愛らしくて、住みたくなってしまうくらいです。


気持ち良さそうなベランダ



 というわけで松本も堪能したので、帰りがてらビーナスラインを通っていきました。
 眺めの良いポイントがいろいろある気持ち良い道。秋になりかけの色と、夕方の空がとてもよく合ってました。


三峰展望台からの眺め



 特に良かったのが、八島ヶ原湿原
 ちょっと下りれば遊歩道に出られて、美しい湿原の風景が楽しめます。鏡のような池と広がる湿原、その向うには山があり、ヨーロッパ的ファンタジーの感じがしました。池の水面に夕焼け空と山が映る幻想的な風景に感動。
 ちょうど良い時間に素晴らしい景色に出会えました。


RPGの中に入ったよう



 というわけで予定していた行程をすべて終えたので、諏訪ICから中央道に乗って帰りました。
 長くなったので、帰り道については翌日分で。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

長野3

 というわけで長野からの帰り道。
 連休の中日なのでマシかなーと思ったんですが、やっぱり渋滞してしまいました。
 おなじみ、小仏トンネルから30kmの渋滞。夕食と休憩もしつつですが、帰宅が深夜になってしまいました。

 というわけで、サービスエリアでのお楽しみ晩御飯。
 渋滞突入前にエネルギーチャージということで、双葉SAでいただきました。
 ワタシはみみほうとう。みみとは、わんたん形のほうとうのことだそうです。みみのもちもちした食感が良い。スープは味噌ラーメン風で野菜たっぷりで美味しかったです。


みみほうとう



 ヨメが選んだのは、やはり土地にちなんだ勘助うどんで、ワタシも味見。何が「勘助」なのかはイマイチ分かりませんが、きのこたっぷり、お肉はジューシーで、こちらも美味しい。


勘助うどん

posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長野4

 渋滞でへとへとになった後の石川PAで、そんな疲れを吹っ飛ばすステキなアイテムを発見。
 NEXCO中日本オフィシャルのプルバックカー×2つです。

 まずは1/60とちょっと大きめのハイウェイ・パトロールカー。ハイラックスサーフをNEXCO仕様にきっちり再現しています。
 これだけのサイズのプルバックカーでありつつ車体が合金製なため、重さがあり、スピード的には望めませんが、それだけに質感たっぷり。ディスプレイモデルとしていいですね。


ハイウェイ・パトロールカー



 もう一つは路面性状測定車・ロード・タイガー
 わだち掘れ、ひびわれ、平坦性を測定する路面測定車です。こちらはハイウェイパトロールカーよりすこし小さめ。車体の質感やモールドの雰囲気がトミカっぽかったので、特注?と思ったら、こちらもプルバックカーだったのでびっくりしました。
 いかにも働く車な無骨なルックスがカッコイイですね!


路面性状測定車・ロード・タイガー

posted by もぞ at 02:00| Comment(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

1/144・HG アイズガンダム タイプダーク製作1

 キャラホビ2010で購入した、アイズガンダムを作り始めました。
 せっかくの限定色なので、成形色を活かすつもりだから、ほぼ素組みで気楽に作ろうと。

 このキットにはアクションベースが付属しているので、とりあえずはそれから作りました。
 支柱は結構しっかりした作りで、位置の保持性もばっちり。台座には絵はがきを差し込めるようになっています。
 キャラホビ2010でアンケートに答えて入手した絵はがきを挟むとちょうどいい感じ。


絵葉書を差し込めます



 とりあえず同じように股間にアクションベースに挿すための穴がある、お台場ガンダムを刺してみました。
 おおっ、手になにも武器を持たないキットなのでイマイチ収まりが悪い感じがしますが、なかなか良い感じです。


とりあえず挿してみた



 で、アイズガンダムの方は仮組みを始めました。


ここまで組んでみた



 今日はとりあえず胴体と頭まで。黒中心の色合いが、悪そうな顔とぴったり合ってカッコイイですね。
 胸のドーム状の部分は設定でも色が違うようなので、ここは色を塗っておきたいところ。
 シールで再現するようになってる顔も塗装したい。
posted by もぞ at 14:03| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

1/144・HG アイズガンダム タイプダーク製作2

 アイズガンダムの仮組み、今日は両腕を組みました。

 ただ素組みなのに、パーツ数が多いのでなかなかの手応えです。
 良く動くし、二の腕に仕込まれてるクリアパーツが良い感じ。ここも標準添付のシールを使わずにキラキラなテープを使ってみるかなー。


上半身が出来た



 で、ここまでできました。

 従来のHGUCって、まず各部位をバラバラに作り、最後にわーっと組み付ける印象があるんですが。
 でもこのキットの場合(もしかしたら最近のはみんなそうかもしれないけど)、このように徐々に出来上がっていくのが実感できるので、すごく楽しいです。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする