2010年10月02日

ビバリー・ジグソールーペ

 ジグソーパズルブランド、ビバリージグソールーペ(スタンドタイプ)を購入しました。


ジグソールーペ



 といってもジグソーパズルを作るためではなく(ジグソーパズルも好きですが)、プラモデル製作用に良さそうだと思いまして。
 ガンプラでそこまで細かい作業をするわけではないんですが、それでも狭い部分を塗装したりするのにほしかったのです。
 メーカー希望価格は2100円ですが、行った店では400円で販売されてたので、それなら使う頻度が高くなくても持っておくべき!ということで。


焦点距離より手前になってますが



 2倍のレンズの中に、4倍の小さいレンズが組み込まれてます。
 簡易的なスタンドに挿せるようになっているので、両手で作業しながらルーペを覗きこめてなかなか便利。2倍のレンズでも、作業するのに良い感じなくらいまで拡大してくれます。
 4倍のレンズは小さいので細かい作業を一定時間続けるのにはあまり適していませんが、いざというときには良さそう。


4倍レンズでグッと大きく



 ガンプラの顔の塗り分けとかで活用したいと思います。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

新番組レビュー

『荒川アンダーザブリッジ*2』

 前シリーズは好きだったので、今回も期待。
 というか、以前とまったく変わらない感じで安心して楽しめる。やはりギャグが良い。
 OP/EDは以前と同じラインナップ。やくしまるえつこのOPは、前シリーズのほうがより良いけど、今回のもなかなか良い。第1話はEDがなかったけど、多分同じような感じなのでしょうな。

『とある魔術の禁書目録II』

 続編ということで、今回も上条さんの語りは健在。これが好きじゃないんだよなあ。
 作画も以前と同じ感じでまずまず良好。
 ストーリー的にも以前と同じ感じで、いろいろ理屈っぽそう。『とある科学の超電磁砲』のほうが好きなので、美琴が出てきて良い感じにデレてるのを見られたのは良かった。メインのストーリーとか、上条さんは正直どっちでもいいんだが、好きなキャラがいろいろ出てくるし見続けてみるかな。
 川田まみのOPは前と同じ感じ。悪くはないけど、こういう感じの曲はあまり好きではないかな。黒崎真音のEDはフツー。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

新番組レビュー

『STAR DRIVER 輝きのタクト』

 アニメオリジナル作品な模様。
 キャラデザはいまいち。動きももうひとつって感じ。登場ロボのデザインがヘンなのには目を引いた。
 話的には、第1話だけだとまだよく分からない感じではあるが、あんまり惹かれるものはなかった。台詞回しとか用語がいろいろ変なのには笑ったけど。あと、第1話のやられ役の人、いくらボクシング部だからって、常にグローブを肩にかけてるっておまえは6〜70年代の作品の登場人物かよ。
 OPはフツー。EDはまあまあといったところ。
 まあこれは別にいいかな、って感じなので切りで。

『おとめ妖怪ざくろ』

 『サクラ大戦』を少女漫画にしたような感じで、所々細かいところがあまりにサクラ的過ぎることがあるのが気になったものの、全体的な雰囲気は良いですな。
 キャラデザもまずまず。ヒロイン以外の妖怪のデザインが変だけど。特にリーダー格の、長い耳毛が生えてる謎の生き物は、出てくるだけで笑ってしまう。性格、セリフはまともなんだけど。
 作画はまあまあというところ。戦いのシーン等、つながりがスムーズじゃなく感じるところがあったかな。
 メインのストーリー的には、第1話の段階では可もなく不可もなくというところ。ただ、ヒロインと軍人さんの関係の行方はなかなか気になる感じではあります。
 スフィアのOPは良いですな。気に入りました。EDはヒロインが代わる代わる歌うようで、第1話の中原麻衣の曲もなかなか。途中に入る櫻井孝宏の語りには笑ったけど。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

ぷりぷりイカ団子の塩味フォー

 今日はお気に入りのタイ・エスニック料理の店、展で晩御飯。

 このお店の牛頬肉のあっさりチャーシューフォーがたいそうお気に入りだったんですが、なくなってしまってガッカリしてたのです(テイクアウトメニューにはあるようですが)。


ぷりぷりイカ団子の塩味フォー



 でもフォーは食べたいし、店内メニューにないなら仕方ないし…ということで、今日はぷりぷりイカ団子の塩味フォー「プラー」をいただきました。

 この塩味フォーは以前にも食べたことがあって、美味しいんだけど、いまひとつパンチが足りないという印象でした。
 でも今回、ヨメがナンプラーを入れてみたら?と言うので、テーブル上に置いてあるナンプラーを入れてみたところ…

 おおっ!これは実に良い!
 コクが加わって、グッと美味しくなりました!薄味に感じていたイカ団子も味がハッキリし、かなり美味しくなります。
 新たにお気に入りのメニューとなりました。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

新番組レビュー

『神のみぞ知るセカイ』

 原作は好きだし、キャストも良いので期待して見てみましたが、期待通りにまとまった作品。
 作画、キャラデザとも良好。キャスト陣の演技もよく合ってる。特に、合うかどうか不安だった桂馬役の下野紘さんが期待以上にハマってたのは良かった。
 原作を1話に上手くまとめた、良いアニメ化だと思います。
 OP/EDともなかなか良い。特にOPはバック絵がよく合ってて面白い。

『侵略!イカ娘』

 ネタ一発勝負的な作品でしょーもないかと思っていたが、予想以上にキャラ付けがしっかりしてるし、ギャグも面白い。
 キャラデザが良くて、イカ娘もちゃんと可愛いし。作画は、まあこれは作画で云々するような作品ではなさそうだが、悪くない。
 OP/EDとも良くて気に入った。
 この作品は良いですね。今後も楽しみ。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

週間少年サンデー感想−46号

 大谷アキラさんの『ツール!』が本誌連載終了。

『ツール!』
 2009年49号スタートで、1年もたずにクラブサンデーに移籍することに。
 人気がいまひとつだったのかなあ?流行の自転車モノだし、けっこうちゃんと描いてて展開はドラマチックだし面白かったんだけどなー。残念です。読もうと思えばウェブで読めるんではあるけど、めんどくさくてなー。
 話の作りは良いと思うし、この作品で描かれたツンデレヒロインは良くなりそうな雰囲気だったので、次回作での本誌復帰を期待したいと思います。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | マンガ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

ビッグコミックスピリッツ感想−46号

 吉田聡さんの読み切り『七月の骨』が掲載。

『七月の骨』
 40ページ超のボリュームで掲載されていますが、悪い意味でこの人らしい作品になっているというか。雰囲気はいかにもという感じで悪くないんだけど、なんか話的にちゃんと終わってないし。
 最終ページのアオリからして、これ連載で続けるつもりなのかなあ?吉田聡の自伝的ストーリーということなんだろうか。それなら良いかもしれないけど、今回の読み切りを読んだだけでは、果たしてコレこの先面白くなるんだろうかというようにしか思えない。

『とめはねっ!鈴里高校書道部』
 柔道場に突入しちゃって白目になってる藍子さんがなんかツボでした。
 そして次回は縁が結希と一条クンのデート現場に居合わせるという、ラブコメ的に非常に面白い展開になってきており、楽しみでたまりません。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | マンガ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

アニメ視聴終了後感想

 ちょっと前のアニメ×2本をiPhoneで見終えたので。

『B型H系』(最終回まで視聴)

 原作から好きな作品でしたが、期待以上に良い出来でした。
 原作の良い所であるラブコメ分を上手く活かして、四コマを上手にストーリーものに昇華。それでいて肝の下ネタもちゃんと残し、笑える作品にもなっていました。
 作画も良いし、田村ゆかりさんのOP/EDも極上。なによりキャストの演技が良く、この人にこんなセリフを言わせるのかーと驚かせつつ、それが下品になり過ぎることもなくちゃんと笑い所になっていたのは見事でした。

『テガミバチ』(最終回まで視聴)

 今期の新番組に続編があるので、慌てて前シリーズを見たのですが。
 本筋と関係ない話も多く、全体として見るとちょっと間延びした印象もあるけど、そううい一話も別につまらないわけではなく。芯になるストーリーも良いし、作画も安定していたし、安心して見ていられた作品でした。ただ、全然話が終わっておらず中途半端過ぎたのはちょっと。最初から第二期に続けるつもりだったんだろうけど、それにしてももうちょっとまとめてくれても良かったのに。
 キャストの演技も良かった。特に、さすがという感じで沢城みゆきさんの泣きの演技が素晴らしい。あと藤村歩さんの声、演技はやっぱり良いですね。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

アニメ視聴終了後感想

『聖剣の刀鍛冶』(最終回まで視聴)

 一年前の作品ですが、ようやく見終わったので。
 こういう正統派なファンタジーは果たしてどうなのかと不安もあったけど、まあまあ楽しめました。セシリーのキャラ、藤村歩さんの演技が良かったので見続けられた感じ。可愛いキャラデザの割に、戦闘シーンなどでのキツい描写や、重い展開はけっこう辛かったなあ。
 話的にはあまり終わってないけど、まあ1クールの中でよくまとまってたんじゃないかと。原作とは違う展開みたいだし、続編はないかもなあ。まあ、続編があっても見たいかというと微妙ですが。
 OP/EDとも好きな曲でした。

『みつどもえ』(最終回まで視聴)

 基本的には下ネタ中心のギャグ作品なんだけど、見せ方が上手くてかなり笑えた。それでいて良い話もあったり、でも最後にはちゃんと落として笑わせてくれたり。
 というわけで、かなり楽しみに見られた作品でした。三女が特に良かった。戸松遥さんの声、演技もピッタリ。でも次女のキャラクターだけはマイナス。行動があまりに頭が悪すぎて、見ていてイライラする。
 で最近多いけどこれも最終回でまったく終わっておらず、第二期があるとのこと。第二期も楽しみです。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

新番組レビュー

『心霊探偵八雲』

 小説が原作の作品。ホラー系でなんか怖そうと思ったけど、それほどでもなく。話はそつなくまとめられていて悪くない。メイン×2人の今後の関係は気になるところではある。
 キャラデザ、作画ももまずまず。小野大輔さん、藤村歩さんの演技も良く、全体的にきれいにまとまっている作品。ただ第1話だけでは、小さくまとまり過ぎているような印象なので、それほど強く惹かれるわけではない。
 OPは怖げな雰囲気を盛り上げる感じで作品には合っているけど、あんまり好みではないかな。EDはまあまあ。
 悪くはないので、とりあえず様子見で。

『テガミバチ REVERSE』

 新番組ではあるけど、前シリーズが途中も途中で終わってたので、今シリーズは続きそのもの。
 なので、キャラデザや作画などは前シリーズそのまんま。ストーリー的には本筋が架橋に入ったということで、今シリーズはメインのストーリーが中心で、前シリーズにあったような「手紙のちょっと良い話」的なモノはないのかな?クオリティに差こそあれ、そういうサブストーリー的なのも割と気に入ってたんだけど。
 ステレオポニーのOPはけっこう良いですな。EDのほうもまずまず。
 あらためてどうこうあるものではないけども、続きなので引き続き視聴していきたいと思います。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

週間少年サンデー感想−47号

 寒川一之さんの新連載『最後は?ストレート!!』がスタート。

『最後は?ストレート!!』
 『GOLDEN★AGE』の寒川一之さんが本誌復活。
 『GOLDEN★AGE』が割と好きだったので、この新連載は嬉しい。あの絵柄で意外と…というと失礼だが、スポーツものをまっすぐ書いてくれるので、今回の野球モノ?も楽しみです。
 前作はヒロインの小波ちゃんが良かったので、近作のヒロインらしき姉ちゃんの今後の活躍に期待。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | マンガ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

温故知新フォービート/ラヴォラトリー・1

 笠原弘子さん、立木文彦さん、辻谷耕史さんの3人による「温故知新フォービート/ラヴォラトリー・1」に行ってきました。
 昭和歌謡をジャズアレンジして披露してくれるライブで、3月に六本木で行われたのに続いて。曲調と3人の声が合ってて良い雰囲気だし、合間のトークも楽しいので、気に入ったのです。


割と珍しい店名かも



 会場は、代官山の「晴れたら空に豆まいて」というライブハウス。
 小さめのライブハウスですが、会場内の小物だとか、畳が敷かれた桟敷席とか和風な感じで、なかなか良い雰囲気です。


ライブハウスの入口



 今回はリハーサル風の第一部が30分行われた後、15分の休憩を挟み、第二部が約1時間15分行われるという構成でした。
 それだけに、第一部でちょっと間違い含み行われた曲が、第二部で完全版として披露されたり。多分事情があってこうなったんでしょうが、これはこれでネタとして楽しく見られました。
 時間はちょっと短い感じではありましたが、今回初めて披露される曲もあったりと、かなり楽しめました。

 笠原弘子さんの『蘇州夜曲』がすごく良かったです。それにやはり立木文彦さんの歌声は渋くてカッコ良過ぎる。
 この3人で歌った曲をスタジオ収録したアルバムを出してくれないかなあ。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

F1・rd.17−韓国GP

 一時は開催さえ危ぶまれていた韓国GP。
 降雨のせいもあってほんとにいろいろあったレースでしたが、大きな事故もなく無事に終わって良かった。
 スタートの10分ディレイから始まり、セーフティカースタートで4周で赤旗中断。18周目にようやくレーススタートとなってからも滑りやすい路面や雨のためにクラッシュも続き、3回のセーフティカーとすごい展開でした。

 で、レッドブル勢が2台ともリタイアというまさかの結果。ウェバーの単独スピンは意外だった。もっと堅実な走りで地道にポイントを稼ぎに来るかと思っただけに。まあ路面のせいもあるだろうし、今宮さんによるとウェバーは雨はあまり得意でない模様。今回の0ポイントは痛いけど、こういう弱点があってしまうことが決め手になるということか。
 こりゃーこのレースもチャンピオンシップもベッテルが圧倒的に有利かと思いきや、46周目でまさかのエンジンブロー。
 これはあまりに痛い。今回のリタイアは致命傷になるんじゃないか。日没サスペンドになってさえいればという感じだろうけど、やはりチャンピオンになるには運も味方につけないとなんだよなあ。

 結局アロンソが優勝して、ランキングでもトップに。マッサが3位。
 フェラーリのここまでの復活は、まさかという感じだけど、終盤になってからのアロンソ+フェラーリの輝きは思わず期待してしまうものがある。
 ハミルトンが2位でポイントを延ばしてきてはいるけど、ちょっときつい差かな。今回ポイント圏外のバトンはほぼ絶望的。依然ウェバーが踏みとどまってはいるけど、まさかのアロンソ大逆転チャンピオンもあり得るか?

 可夢偉は8位入賞。
 スーティルに当てられてどうなるかと思ったけど、無事に走りきれてポイント獲得できて良かった。今回も光るバトルを演じてくれてたし、ますます彼の走りが楽しみです。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

新番組レビュー

『それでも町は廻っている』

 原作が好きなので期待の作品でしたが、一点を除いて大満足。
 キャラデザ、作画は良い。新房監督色もあまり強く出ておらず、原作の良さを殺すことなく上手いアニメ化をしてくれてます。
 キャスト陣も一人を除いて最高。タッツン役の悠木碧さんの上手さには驚かされた。櫻井孝宏さんの老婆役はどうなることかと思ってたけど、まさかのハマり方。杉田智和さんの森秋先生も笑うしかない。
 で、この作品で唯一ダメなのが、主人公・歩鳥の声。声質が合ってないのもあるけど、あまりに演技が素人くさいので新人かと思ったら、『ソウルイーター』の棒演技で話題をさらった小見川千明さんでした。既に2年の声優キャリアがあり、メインで何作も出ているのに、いまだにコレとはあまりの成長しなさに驚愕した。ほんとにこの一点がこの作品の良いところをすべて殺してしまっていると言っていいほど。
 OPは坂本真綾さんで、EPOの「DOWNTOWN」のカバー。ひょうきん族を見て育った世代には懐かしいが、この作品にしてはオシャレ過ぎるアレンジな気がしてしまった。EDはメインキャストによる歌。ネタ的というかキャラソンという感じなので、曲自体の出来はアレだが、不思議とクセになる感じ。
 まあ、原作は好きだし面白いので、ヒロインの声は我慢して視聴継続。

『海月姫』

 こちらも原作が好きなので、期待の作品。
 作画、キャラデザとも良好。演出も上手く、原作の良さを延ばした良いアニメ化ですね。
 キャストがみなハマっているので、もうホント安心して見ていられる。花澤香菜さんの演技が良い。こういう一癖あるキャラの演技も良いなあ。男の娘を演じる斎賀みつきさんがカッコ良過ぎでどハマりなので笑った。
 ただ、原作がまだあまりキリが良いところまで行ってない状況で、どこまでやるのか、どう変えてしまうのかというのは心配なところ。そういう不安は若干残しつつも、先が楽しみではあります。
 OP/EDは好きじゃないなー。いろいろな映画のパロディを織り交ぜたOPのバック絵は見ていて面白かったけど。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

新番組レビュー

『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』

 GAINAXがまたエラいもん作ってきたな。
 アメリカンカートゥーンのパロディのようなキャラデザ、作画だし、英語の擬音を画面に表示させたりと斬新ではあるが、こういうのは嫌い。変身バンクでいきなり魔法少女モノやプリキュア的作画になったのは笑ったけど、2話目以降は出てこないから、単なるネタな模様。
 そんな絵柄でスラップスティックなギャグを展開しているが、まあとにかくレベルが低い。下品な下ネタばかりで、こんなのよく放送できたもんだ。ネタは気持ち悪いし、その他でもギャグの方向やノリがキツくて、見てて頭がおかしくなりそう。最悪。こういう方向は苦手だ。ストッキング役の伊瀬茉莉也さんにもヒドい下ネタをいろいろ言わせてるのはすごいとは思うけど。
 ヒップホップ風のOPは嫌い。EDはよくある洋楽バラードっぽい感じでまともではあるが、別に好きではない。
 こういうのを出されて楽しむことができずに拒否反応を示しちゃうと、感性が古いからだと言われるようで悔しい気持ちがしないでもないが、やっぱりこういうのは見るに耐えない切り

『そらのおとしものf』

 前シリーズの続きそのまんまという感じ。キャラデザ、作画も同水準。
 前シリーズでは終盤のシリアス展開に惹かれてたので、その続きとなるとやはり気になるところ。今回はいきなりシリアスそうな場面も出てきたし。
 やっぱりエロネタはあるんだけど、下品ではないし、ストーリーの良さを殺すものではないので、ギャグの1つとして楽しめば。
 OPが、保志総一朗さんが歌う前期OPで、バック絵もパロディなので笑った。本来のOPは今回も早見沙織さんと吉田仁美さんのユニット=blue dropsの曲。blue dropsは曲も声も良いので気に入ってます。EDはやはり毎回異なる模様。いつも良い曲、懐かしい曲が出てくるので、こちらも楽しみ。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

新番組レビュー

『もっとTo LOVEる』

 前シリーズの続きなのかと思ったら、設定が違うところもあるようだし。ならリメイクで最初からやり直すのか?と思ったら、初めて見るっぽいキャラがいきなり出てきて、まったく説明なしという状況で、なんだかよく分からない。続編としても見られないし、一見さんにもよく分からない中途半端な作りになってる。
 作画、キャラデザは良好。キャストは豪華で素晴らしい。KOTOKOさんのOPはまあまあかなー。戸松遥さんのEDは良いですね。
 前シリーズはイマイチに感じたし、今回も怪しいけど、どうやらネットでの評判は前に比べると悪くないようだし、とりあえず様子見で。

『探偵オペラミルキィホームズ』

 ずいぶん前からゲーム版のCMを見かけてて、それがアレな感じだったもんで侮ってましたが、いやいや意外に悪くない。
 話の展開とか設定とか全体的に古臭さを感じる作りなんだけど、テンポは良いし、見せ所の迫力もあり、ちゃんと作ってる感じ。キャラデザのせいで作画がちょっとダメに見えがちな感じがもったいない。
 経験の浅い人ばかり4人が主演だが、意外に悪くない演技。その4人が歌うOPはけっこう良いし。飛蘭のEDはまあまあってところ。
 すごく面白いとか先が楽しみってほどでもなく、まあまあレベルではあるんだが、予想外に驚かされたこともあるし、とりあえず続けて見てみるかな。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

新番組レビュー

『スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター-』

 スパロボは少しだけプレイしたことがあり、オリジナルストーリーのOGもぜひやりたいと思っているけど、積みゲーのままという状態。ゲーム版もいつかやるつもりではあるけど、せっかくアニメになるならとりあえずこっちで見ておくかー、ということで見てみましたが。
 うーん、話も設定もよく分からなかった。これは続編だったのかあ。一見さんお断りな感じになっちゃってるなあ。
 シリーズのスタート時期が時期だけに、ベテラン揃いのキャストでさすがに安定感がある。ヒロインの一人が水谷優子さんというのが今となっては目新しい感じではあるが。ロボはカッコ良いし、よく動く。大張正己さんのカラーがバリバリ出ていますね。
 定番のJAM ProjectのOPは良いし、美郷あきさんのEDも良好。
 続編ではあるし、ゲームをやるほうが適切なのかも知れないけど、とりあえず様子見という感じで見てみます。

『百花繚乱サムライガールズ』

 女の子がいっぱいでバトル中心だし、『一騎当千』とか『恋姫†無双』とかの戦国モチーフ版って感じ?どっちの作品もろくに見たことないけど。
 あんまり好きなジャンルではないし、第一話だけでははストーリーもよく分からない。キャラデザはまあまあ。作画はまずまずで、墨を落としたような効果や規制表現は斬新。キャストは豪華で良い。
 飛蘭のOPはよくあるありふれた感じで、まあまあレベル。主要キャストによるEDは、作中の雰囲気とは合ってないけど、曲や声は良い。
 とりあえず様子見で。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

新番組レビュー

『えむえむっ!』

 これはまた…。すごい変態アニメが始まりましたなあ。『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』のような不快感を感じさせるものではないんだけれども。
 キャラデザ、作画は良好。キャストも豪華で良い演技。福山潤さんの変態演技がハマり過ぎてて爆笑してしまった。これだけで見る価値がある。竹達彩奈さんのS演技は良いですなあ。それにしても今期は出演作品が多い。
 ストーリー的には非常にくだらない。まあ、ラブコメ要素もあるようだし、作品としてはちゃんと作っているので、継続してみましょう。
 竹達彩奈さんのOPは気に入った。麻生夏子さんのEDもまずまず。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする