2011年06月04日

ベアブリックガンダム

なんか飲み物買おうーと陳列棚を見たら、ベアブリックガンダムが付いているペプシネックスがあったので、それを買っちゃいました。

前からやっていたキャンペーンなのか、もうあまり残ってなかったけど、入手したのは2つ。



ゴッグとギャン。
ゴッグはイメージピッタリで分かりやすいけど、ギャンは体型変わりすぎてて分からなかった。
でもどちらも好きなモビルスーツなので嬉しい。

プラモのほうは、ギャンは途中で止まったまま、ゴッグは開けてもいない状態。
作ったらこのベアブリックと並べてみたいなー。
posted by もぞ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

1/72・スーパーメサイアバルキリー(オズマ機)製作4

昼間はモンハンやって過ごしてたんですが、夜になって作りたくなったのでちょっとだけ。
前回塗装したパイロットを機種部分に組み付けます。



フォールドクォーツの部分は透明パーツになっているんですが、説明書どおりに組むと、せっかくの透明パーツの上に色シールを貼ることに。
それはなんかもったいない感じということで、ラピーテープを貼ることにしました。

ここの部分は左右で共通のパーツ。板状のパーツを組み付けると、左右の端が機体表面のフォールドクォーツになるという構成になっています。
上から見ても横から見ても向うが透けて見える構成になっているので、どっちの方向から見てもラピーテープが見えるようにしようということでやってみました。
フォールドクォーツは設定上紫ですが、その色のテープはないので、青にしちゃいました。



まずは機体側にある、透明パーツをはめ込むための窪みにテープを貼付。
ちょっとはみ出しちゃいましたが、形に合わせて切り抜きます。
これで上から見たときの色をフォロー。



横から見たとき用のテープを貼る場所を確保するため、透明パーツを右側、左側、中央の3つに分割。
この中央部分にテープを貼り付けてみることにします。



ぐるっと巻きつけるように貼り付けて、機体部分に接着。



というわけでこんな感じになりました。
うーん、非常に分かりにくい…
よく見ると青いのが透けて見えるようになったけど、なんかキラキラ分が足りないというか目立たない感じ。
どうせ設定色と違うなら、思い切って金色にでもしたほうが目だって良かったのかもなあ。

とりあえず機首部分が組みあがりました。
パイロットを塗装しただけでなかなか良い雰囲気になったんじゃないかと。
あとでキャノピーの淵部分をガンダムマーカーで黒く塗っておこうかな。
posted by もぞ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

1/72・スーパーメサイアバルキリー(オズマ機)製作5

今日はキャノピーの淵の部分を黒く塗りました。



でもせっかくテープでマスキングしたのに、結局ガンダムマーカーで塗ったのであんまりきれいじゃなかったり。
色が落ちてきたり、発色が気に入らなくなったりしたら塗り直すかなー

それから次の部分の作成に入りました。



今回はとりあえず片腕だけ。ここだけでもけっこうなパーツ数なので楽しくてたまりません。
posted by もぞ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

1/72・スーパーメサイアバルキリー(オズマ機)製作6

この週末は2日連続でプラモ製作。



もう片方の腕も作って、両方が揃いました。けっこー細い腕。
掌は後で本体に組み付けるとき。

続いて脚の作成に入ります。
変形もするために関節部分がえらい複雑なことになっています。パーツのはめ込みもきつかったりして、少々手間でしたが。



次はデカールの貼り付けが必要なので、今日はとりあえずここまで。
スーパーメサイアなので、スーパーパック部分を取り付けながらの組み立てです。
それにしても脚長いな!意外に太くてしっかりした印象だし。
posted by もぞ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

週間少年サンデー感想−28号

原作:尹仁完さん、作画:梁慶一さんの『DEFENSE DEVIL』が最終回。

DEFENSE DEVIL

2009年19号から2年に渡って連載されてきましたが最終回。
魔界の弁護士編のときは、それのどこが弁護だよ!というツッコミ所はあったものの、短いエピソードで完結していくテンポが良かったし、キャラも良く回っていた。
でも魔界大戦争編になってからはダラダラと話が続くようになり、さらに説明口調なセリフという悪い点がより一層進んで、面白さが減ってしまった感じ。キャラクターの関係も複雑になって行ってるのに、あまり描き分けできてないせいでなんだかどんどん分からなくなってしまいました。
なので興味がなくなってきて、最後のほうはより一層分からないことに。絵、特にヒロインは良いのにもったいないなあという感じもありましたが、まあこの程度の長さでまとまったのは良かったんじゃないかと。
posted by もぞ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

『スイートプリキュア♪』の感想というか勝手な予想込みで

『スイートプリキュア♪』が毎週楽しみなわけで、6月12日放送の第18話「フワワ〜ン!音符集めも楽じゃないニャ」も楽しんで見ました。
予想といっても多分大概の人が思っていることでしょうが、やはりリアルタイムで見ているとこういう楽しみ方ができますからねえ。半年分くらいをまとめて一気に見て追いついた『ハートキャッチプリキュア!』のときはネタバレが避けられなかったので。

んで、第18話。
この回のメインストーリー自体はつなぎっぽいし、作画的にもポール・アンニョヌエボさんとフランシス・カネダさんのフィリピン勢なので、隙間回な雰囲気だったのですが。

ただこの回で今後への布石になりそうということで重要だと感じたのが2点。

まず音吉さんがかなり事情を知ってそうだし、音符やマイナーランドの者に対して影響できる力を持っていることがはっきり示されたこと。
今までにもそういう感じの描写はあったけど、演奏によって実際にマイナーランド側の活動が妨げられたことが大きい。普通の人なら見ることもできないのに、力を及ぼせるとは。
単に音楽的才能が高くて演奏や音が素晴らしいからというだけかもしれませんが、ここは一つ、音吉さんはメイジャーランドの関係者なのだと期待したい。以前はすっとぼけてたけど、音符は見えるし、響と奏がプリキュアなのも知ってるし、ハミィが何者なのかも知ってるんじゃないかと。

もう1つが、アフロディテとメフィストが人間界に来ようとしてやっぱりやーめた、となった点。
単に「行かないんかい!」というツッコミ待ちギャグなだけだったり、釣りなのかもしれないけど、素直に「行かせたくない」理由があったと思いたい。
人間界に現れることによっていろいろなことが分かり、大きく話が動くけど、まだ1/3までしか進んでない現段階では早過ぎる。つまり、現段階で隠されていること、謎なことがアフロディテとメフィストなら分かってしまうと。

で、『スイートプリキュア♪』の現時点での謎といえば、やはり音吉とキュアミューズの正体ですね。
だからやっぱり音吉はメイジャーランドの人間で、しかも王族クラスが知っているということは下賎の者ではない。ということで音吉=アフロディテの親族=アフロディテの父親、先王であり、事情があって人間界に亡命しているんじゃないかと。

一方キュアミューズは最初からプリキュアの力のことを知っていることからメイジャーランドの人間という感じがするし、まったく喋らないのがポイント。喋ると登場人物に正体がばれてしまうから。
「視聴者に」ではないのは、『Yes!プリキュア5 Go Go!』でダメ絶対音感を持つ声優ファンには丸分かりなのに、ミルキィローズの正体を謎にしていた実績があるから。ミルキィローズの場合は、あんな小動物が人型に変わるのまでは登場人物には想定できないので、声だけでは登場人物には正体はばれない(=声優ファンのことは考えていない)。
ならなぜキュアミューズは喋らないのか。同じ人間であり、響と奏と顔見知りで、喋り方に特徴があるからではないか。
ここで気になるのが、家庭の事情等が一切明かされていないアコの存在。声に強い特徴があるわけではないが、ぶっきらぼうに話し、いつも響と奏を小ばかにしたような口調で話している。それに不自然なくらい音吉と接触するシーンが描かれていない。
なので、キュアミューズ=アコ=音吉の孫=アフロディテの娘なのではないか。キュアミューズもアコもアフロディテも瞳の色が同じ赤系統なのも大きい。あ、まさか「アコ」の名前の由来って、フロディテのって意味じゃあるまいな。
で、人間界に連れて行ってメフィストにバレないようにしているということは、アコはアフロディテとメフィストの間の娘で、メフィストは何らかの作用で悪い心を持ってしまったと。そしてアコはメフィストに奪われたら困るほどの大きな力の持ち主で、世界の平和の鍵を握っているんじゃないか。

親密度合いで言えば響の友達である聖歌や、奏のスイーツ部の先輩の和歌も重要人事物になりそうだけど、この2人はまあ別の追加戦士としての登場に期待したい。
第1話のときから異常にキャラが立ってるし、姓名の関連性も高いし。

というわけでグダグダとキモい感じで書いてきましたが、要するにこの先が楽しみだよと。
そしてここに来て次週お休みな上に、その次が今回以上のつなぎ回っぽい雰囲気。重要な回のクオリティを上げるために時間を確保したか?
話数的には中途半端だけど、7月からの展開に期待したいと思います。
posted by もぞ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

ビール・坂本龍馬

最近週末はアニメを見ながらお酒を飲むなんてことをよくしてるんですが。
これから暑くなる季節、やっぱりビールが美味しくなるだろうなーと思い、ちょうどいいセットがあったので注文していました。

「世界のビールバラエティセット」。
世界10ヶ国のビールを楽しめるというセットです。
各国330ml×2本という構成で、あまりビールが強くないワタシにはちょうどいいサイズ。

というわけでまずはやはり日本だろうと言うことで、坂本龍馬をいただきました。
静岡の地ビールっぽいんだけど、なぜ龍馬なのかは謎。ドライビールな感じで苦みが割とありましたが、スーパードライなんかよりキツくなく、すっきり美味しくいただけました。



このセットはビアグラスが2つついてるんですが、これでいただくとやはり美味しい。多分きれいに泡が出るような形になってるんだろうなあ。

さあ来週はどの国のビールを飲もうかなー。
posted by もぞ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

ついてたおまけ

今日はショッピングモールなどに買い物に行ったんですが、そこの薬屋で買ったものについてたおまけが楽しかったので。



サロンパスについていた、4つの貼り方トランプ。
なんでトランプなんだよという感じがしますが、ちょうどウチにはトランプがなかったので。
サロンパスの箱を模したケースが可愛くて良い感じ。ジャック以上のカードには、サロンパスの貼り方イラストが全面に書かれています。もしこれ引いたら笑ったりしげしげと見たりして即バレちゃいそう。

それから、ウナコーワについていたマスコットのストラップ。空気でふくらませるタイプです。
2つ買ったので、もろこし君ともろこし姫の2人。
せいぜい3〜4cm程度だろうと思ってたら、12cmと予想外にデカくてビックリ。
せっかくなので膨らませて、机の脇に2人並べてぶら下げておきました。
posted by もぞ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

2011年06月20日のついーと

mozomozoteam / mozo
ブルース・スプリングスティーンのバックでサックスを吹いていたクラレンス・クレモンズが亡くなったとのこと。享年69歳。
生で見たことはないけど、愛聴しているライブ盤でも存在感があり、ボスの音楽には欠かせない人でした。なんか人の良いおっちゃんぽいとこが良かったし。
R.I.P.
 at 06/20 00:55
posted by もぞ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ついーと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

1/72・スーパーメサイアバルキリー(オズマ機)製作7

脚製作の続き。



スーパーパックの脛あたりに付いている…ミサイルかな?これが白1色のパーツでイマイチかっこ悪いので、塗ることにしました。
とはいえ手軽にやろうと思ったので、ガンダムマーカーで塗装です。



筒の横部分はリアルタッチグレー、筒の上方および端の部分はリアルタッチレッド。
設定では横は薄いグレーというかシルバーで、端は割と鮮やかな赤のようですが、リアルタッチマーカーしか持ってないので。重厚になる方向で色を付けられたので、まあこれでいいかなーと思いまして。



というわけでスーパーパックの白ラインのデカールを貼って組み付け、両脚とも出来上がりました。

脚を変形させるために動く部分がけっこうキツくて、スムーズな変形は難しい感じ。
1回変形してみたら後はガウォークにして飾ろうと思ってるので良いんですが、スーパーパックのボリュームがあるので安定感が悪そう。足裏に錘でも仕込みたいところだけど、入れるスペースがなさげだし、分解も大変そうなのが難点。必要そうなら後でがんばってみます。
posted by もぞ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

トミカショップ&プラレールショップ

久しぶりに東京に出たので、トミカショップに行ってきました。
移転&リニューアル後初めて。



新しいトミカショップは以前の半分くらいの面積になってしまったのが残念。
とはいえミニカーの品揃えが減っているわけではないので良いんですが、やっぱり狭い。もしかしたら子供用アパレルとか文具のほうで店頭在庫が減っているのかもしれませんし。



トミカショップが狭くなった分、プラレールショップが新しくできました。
他の場所にはあるのに東京店にはなかったのでそういう意味では良いし、プラレールがいっぱい並んでいるのを見るのは楽しいんですが。
プラレールは集めていないので、ワタシ的にはその分トミカショップが狭くなったのが残念。

でもせっかくなので、レジ横で販売されていたショップ特別販売品を購入。
先頭車両1輌と貨車2輌を選んで購入できるようになってました。
いくつかはもう品切れになっていましたが、残っているものも通常ラインナップとは違うもののようだったので。



先頭車輌の横には「ET-300-1」と書かれていますが、どうやら実在しない車輌の模様。なにやらスチームパンクな雰囲気が良いですね。
貨車は、屋根に大きくプラレールと書かれているものと、横に情景部品を置いたような景色が描かれた小型のやつ。どちらも限定モノっぽい感じがしているので気に入っています。
以前に購入したDD51に引かせるとよりピッタリになりそう。
posted by もぞ at 21:24| Comment(1) | TrackBack(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

ビール・ピルスナーウルケル

今週末も晩酌でビールをいただきました。
先週は日本のビールでしたが、今週はチェコのピルスナーウルケルというビール。



なんでもピルスナーの元祖ということらしく、1842年から生産されているんだとか。
なかなか強い苦みでしたが、すっきりと飲みやすい感じ。泡の味が良かったです。
なんとなーくで選んだのですが、こんな歴史のあるのを最初のほうに飲めたのは良かった。これから後に飲む各国のビールはここから発展していったということで、ますます楽しみになってきました。
posted by もぞ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

電撃ホビーマガジン8月号付録

電撃ホビーマガジン・8月号の付録はTHE ORIGIN完結記念ということでシャア専用ザクのフィギュアが付いてました。



頭身が低いのにディテールが細かくリアルタイプなのが面白い。
THE ORIGINが元ネタだからか、顔も凶悪な感じでカッコイイ。

これまでシャア専用のカラーはあまり好きではなかったんですが、こうやって見ると良いですねえ。
ちょうどMr.カラーのシャア専用カラーであるシャアピンクシャアレッドを購入したところ。
シャア専用機がないモビルスーツをいろいろシャアカラーに塗りたくなってきました。
posted by もぞ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

トミカ3台

金曜にトミカショップで購入した3台のコ。



まずはリミテッドのトヨタ セリカXX 2800GT
CR-Xも大好きな車ですが、このセリカXXも相当好きなのですよ。



このカクンと落ちたお尻が特に好きで。
ヴィンテージではなく通常のリミテッドですが、ディテールの細かさ、エッジのシャープさで負けてません。スタイル、雰囲気と十分再現されていて魅力的です。



続いて5月の新製品、エネオス タンクローリー
タンクに書かれているエネオスのロゴがカッコイイです。
震災直後、東北にガソリンを運ぶために発進していくタンクローリーがニュースで取り上げられてましたが、まさにこのエネオスのでした。あのときの勇姿が思い出されます。



そして6月の新製品、範多機械 アスファルトフィニッシャ F1741WZ
アスファルト舗装のときに活躍する建設機械です。
先頭部にある材料を入れる場所:ホッパーは開閉し、後部のアスファルトを慣らす部分:スクリードがスライドします。
稼動部分が多くてプレイバリューが高いし、無骨なスタイルが実にカッコイイ。
ロゴなどのシールを貼る必要がありますが、まだ貼ってません。



で、このコはどうやら以前購入したSIKUのVögele SUPER1900と同じ用途の建設機械らしいので日独対決。
SIKUのSUPER1900のほうがだいぶ大きいですが、稼動部分とかホイールの仕様とかで、今回購入したF1741WZのほうが出来が良い感じかな。
でも2台並べてみるととても良い感じです。
posted by もぞ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

Panasonic DMR-BZT700

パナソニックのBlu-rayレコーダー:DMR-BZT700を購入しました。



アニメ新番組のチェック、鑑賞に東芝のRD-XS57をよく使っているのですが、地デジ化に備えてということで。
ケーブルテレビ:J-comの再送信によりRD-XS57でも地デジの録画ができるのですが、BSは再送信してくれない。それに番組表がどうなるか不安があるということで、7月の新番組スタートを前に購入したのです。

RD-XS57とサイズを比較すると、幅がほぼ一緒。奥行き、高さが半分くらい。
特に奥行きが短いのが良いです。



置き場所が限られていることもあり、RD-XS57をあまり奥行きのない棚に入れていたので、棚からはみ出していました。そのせいで、すぐ横の棚の戸が開けにくかったりしたんですが。



でもDMR-BZT700だと棚にぴったり!
RD-XS57で録画した番組をまだ見終わってないので、しばらくは両方置くことになりますが、DMR-BZT700に完全移行できたら戸も問題なく開くようになるのです。

15インチの液晶テレビに接続しているからってのもあるんですが、番組表がちょっと見難いのがマイナス。あとRD-XS57に比べると目的の番組が探しにくい感じです。
でもDIGAの操作や特徴はBW830BW880で慣れてるので、この機種しか考えてませんでした。
設定しておけば新番組を自動的に拾ってくれるし(U局はだめだけど)、トリプルチューナーなのもすごく魅力的。容量的にはやはり1TBはないと不安だしということで、良い機種が買えたんではないかと。

さあそろそろ夏の新番組のシーズンです。これで快適にチェックできるようになったので楽しみ。
posted by もぞ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

まとめて切り

DVDレコーダー:RD-XS57からBlu-rayレコーダー:DMR-BZT700への切り換えを行っているので、RD-XS57で録画したままになっている番組を早く処理したい。
ということで、長らく見ないままになっているのを切っていきたいと思います。相当いまさら感のある作品も混ざってますが。

・蒼天航路
・バスカッシュ!
・HEROMAN
・心霊探偵八雲
・フラクタル
・ドラゴンクライシス!
・そふてにっ

『HEROMAN』は1クール目はまずまず。強大な敵をやっつけた後に大衆から怪しまれて逃亡する羽目になるというのは斬新で面白かった。でも1クール目であまりに区切りが良すぎたので、ひと息ついちゃってその後見ないまま来てしまいました。
『そふてにっ』はあまりにしょーもない下ネタはむしろ楽しかったし、声優陣の演技は素晴らしかったけど、まあがんばって見るほどでもないかなと。
その他の作品は、いまいち続きを見たいという気になれなかった。

他にも見終わっていない古い作品とかあるんですが、やっぱり見たいとか、あと少しで見終わるとかなので、とりあえず今回はこのくらいで。
posted by もぞ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

アニメ視聴終了後感想

30歳の保健体育』(最終回まで視聴)

けっこうちゃんとラブコメしてて楽しめました。第1話のあとの実写パートを見たときはどうしようと思ったけど、変だったのはあれだけで、実は真っ当な作品だったし。最後もちゃんとハッピーエンドで、見て良かったなあという心地よさが残りました。
エロワードは自主規制されてたけど、立木文彦さんの変なセリフが被せられてて、それ自体が面白いという効果を生んでいたのはマル。
それにしてもキャストが良かったなあ。名塚佳織さん演じるなつは可愛らしかったし、下野紘さんもハマり過ぎてた。キャラ的にかぶるし、どっちも下野さんの声でハマってたということで、どうしても『みつどもえ』の矢部っちと重なってしまいます。
posted by もぞ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメ視聴終了後感想

神のみぞ知るセカイII』(最終回まで視聴)

原作が好きなので、アニメ版も楽しんで鑑賞しました。
豪華な声優陣の演技も満喫できるし、OP/EDも良かった。
今シリーズでは最初のほうしかハクアが活躍しなかったのが残念。第3期もやってもっとハクアが活躍してほしいです。
posted by もぞ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする