2014年06月01日

SAYONARA国立競技場3・ファイナルセレモニー

国立競技場ラストイベント・SAYONARA国立競技場の続き。
夜からはファイナルセレモニーが行われました。

辻井伸行さんのピアノ演奏に続いて、聖火リレー。



最後は吉田沙保里さんがスタンドを駆け登り



点火−!



谷村新司さん、森山良子さんなどによる曲が披露されました。
スタンドでサイリウムなのかスマホのライトなのか、あちこちで白い光が輝き、星空のようできれいでした。



国立競技場での様々な名場面が映像と光で彩られました。



これらのシーンはワタシはどれも生で見てないものですが、カール・ルイスなどは当時テレビで見たのが思い出されました。
光の軌跡で描かれる100mはものすごく速く感じたし、室伏選手のハンマー投げはものすごい飛びっぷり。生の陸上競技も見てみたくなりました。

聖火の火は消され、最後は花火。



「SAYONARA」の文字が映し出されました。



というわけで、国立での競技観戦は昨年のナビスコカップ決勝のみでしたが、それとは意識せずにテレビでいろいろな場面を見てきたんだなーとしみじみ。
感動的で良いセレモニーでした!
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

SAYONARA国立競技場4・ピッチ開放〜おみやげ

国立競技場ラストイベント・SAYONARA国立競技場
セレモニーの後はピッチ開放でした。

ブロックごとに入場していき…



あっという間にピッチが人で埋め尽くされました。



そしてついにピッチに降り立ちました!国立の芝!



コーナー。ここから数々のコーナーキックが…



そしてゴールとペナルティマーク。



天皇杯ナビスコカップでレイソルの選手達が喜びを爆発させた表彰台をピッチから見上げることになるとは!



選手達が入場してくるところ。



トラックも堪能しました。
100mのスタートラインあたり。



というわけで、最後の国立をピッチレベルで堪能してきました。



さて、お土産。
入場時に配られたミニタオル。聖火台やロゴも入ってて嬉しいですね。



座席や案内板など解体後に出てくる備品も販売されてましたが、そんなのは資金的にも場所的にも買えないので、芝をプランターに入れたものを予約。
7月に来るそうです。
電光掲示板のミニチュアとかあればほしかったんだけどなあ。電光掲示板そのものの一部は販売されてたんですが、さすがにそれはちょっと…

というわけで、カラビナキーホルダーを購入。
いろいろなパターンがあったのかもしれませんが、レイソルカラーっぽく、また金メダルカラーっぽい色のを選択。
国立の空撮写真と、マイク・パウエルが1991年に記録した走り幅跳びの世界記録、8m95cmの文字が書かれています。
この記録は未だに破られてないそうです。



裏にはトラックのラバーを切り出したものが封入されています。
まだ解体してないのにあるんですね。ちょくちょく貼り替えてるのかな?



ラバーの一部が粉状になって袋に一緒に入ってるのがなんともリアル。
せっかくなので、袋から出さずに持っておこうと思います。
posted by もぞ at 23:54| Comment(0) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

魁力屋2

日曜の話ですが、買い物の前に魁力屋でお昼ご飯。

今回は前回来たときから気になっていた、コク旨ダレのコク旨ラーメンをいただきました。味玉乗せ。



良い香り−!で、これが美味ーい!
ニンニクが効いているし、スープはコクがあってまろやか。そしてネギがすごくよく合いますね。
背脂の量は普通がちょうどよく感じました。

これはかなり気に入りました。あとは塩と味噌も試してみたいところです。
posted by もぞ at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

横浜家系ラーメン さがみ家3

今日は横浜家系ラーメン さがみ家へ。

前回食べたとき、次はまた醤油にしようと思っていたんですが、味噌もあったので今回はそれにしてみました。



豚骨醤油に味噌味が加わったという感じで、濃厚で美味しいです。
ピリッと辛い感じ。

おろしニンニクを入れると香り、コクがまして良い感じですね。
最後に刻み生姜を入れてスープの味に変化を付けても美味かったです。
posted by もぞ at 19:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

地ビール・九十九里オーシャンビール

晩酌は先々週に続き地ビールで。

今回は九十九里オーシャンビールのバイツェンです。
ラベルに描かれているイルカが可愛い。



バイツェンというのは小麦麦芽を使用した白ビールだとか。
良い香りで美味しい!
ラベルの端のほうに書いてあるとおり、香りが高くまろやかな風味ですね。

いろいろな種類のビールがあるわけですが、飲みやすいしワタシにはこのバイツェンってけっこう合ってるかもしれません。
posted by もぞ at 01:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

ウイスキー・ラフロイグ10年

アイラモルトのボウモア12年がかなり気に入ったので、もっと香りの強いのにも挑戦してみよう、ということで。



アイラモルトの中でも好き嫌いが別れるというラフロイグの10年を飲んでみました。



まずはストレート。
確かに香りは強いけど、ワタシ的には全然OKでした。良い香り−。
しかもその香りのおかげでウイスキーのキツさが和らいでいるような印象で、これまで飲んだウイスキーのストレートよりもむしろ飲みやすい感じすらしました。

続いて水を入れてみます。
これがまた美味しい−!香りや味がより良い感じになって、かなり美味しく感じられました。

そしておつまみがほんとにいろんなのとマッチします。
中でもナッツとの組み合わせが最高でしたが、厳しいかもと思いつつ試した鰯煎餅すらよく合いました。
やはり潮の香りがするウイスキーだからでしょうか。

ラフロイグ、かなり気に入りました。
ボウモアも美味しいし、アイラモルト良いですねえ。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

アニア・アオウミガメ

ホームセンターでいつものようにトミカコーナーを見ていると、すぐ隣になにやら可愛ゲな動物フィギュアがずらーっと!

タカラトミーから出ている可動ギミック付き動物フィギュア、アニアでした。
こういうシリーズが出てたんですねー、知らなかった。

陸の動物、海の動物といろいろ出てて、どれも可愛い。
でもやっぱり特に好きなカメだ!ということで、アオウミガメを購入しました。



子ガメ付きというのもポイント。サイズの違う2匹が揃ってるところが良い!
アオウミガメは、親ガメの前ヒレが動きます。ボールジョイントがけっこう露出してるけど、ヒレの付け根なので気にならないほうかな。

このアリアというシリーズ、どうやらトミカと組み合わせての遊びを提案しているようです。
動物園やサファリパーク、水族館を模したトミカタウン的なマップに動物を配し、道にトミカを走らせるという感じで。確かに情景に広がりが出るので良いですねえ。
「マッチボックス」的に外箱でサイズが決まるので、スケールがばらばらだし、トミカとのバランスも合ってません。並べたときのリアルさという点では残念ですが、まあしょうがないか。

同じカメ仲間ということで、先輩のミドリガメさんにご挨拶。



いやー、可愛いなあ。

ドイツの動物フィギュア:シュライヒを最近よくホームセンターなどでも見かけるんですが、それに対抗してなんでしょうか。
子供向け動物フィギュアにしては造形がリアルだし、購入後アンケートでもシュライヒを所有しているかどうかという設問があったし。
シュライヒは以前からほしかったんだけど、少々高いので迷ってたんです。
でもアニアのほうが安いし、可動フィギュアという点は魅力。これからもどんなコたちが出るか注目していきたいと思います。

とりあえず、どんな動物を出してほしいかというアンケートには、カエルと答えておきました。出てくれないかなあ。
でもこのサイズでカエルが出たら、トミカと比べてとんでもないサイズになってしまいますが。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

好きだったおもちゃ(幼稚園〜1年生頃)

ウチに「あの」ケイブンシャの大百科があるということが分かり、にわかにノスタルジーな気分に。
ということで、過去に大好きだったおもちゃや本などをつらつら書いておきたいと思います。
備忘のためと、また浸りたくなったときのために画像検索のリンクを置いておく場所として(残念ながら現物は残ってないので…)。

◎ケイブンシャの大百科

 というわけで、大好きだったのがこのシリーズ。
 幼稚園の頃はブルートレインがたくさん載ってる特急大百科を持っていたのをよく覚えています。
 これを見ながら車輌やヘッドマークをよく描いてたなー。

 ガンダムは、劇場版ガンダムの1〜3と、メカ大百科を持ってました。小学校中学年頃ではありますが。
 特に劇場版の大百科は、ガンダムの世界観、設定を海外の本格SFと絡めて解説してたりして、その深さがたまりませんでした。
 それに影響されて、高校時代はフィリップ・K・ディックとかアーサー・C・クラークとか、海外SFを読んだものです。
 こういうメカの設定資料的なものが大好きなオトコノコは多いでしょうが、ワタシもやはりそれは継続していて、当時の大百科を髣髴とさせるこういう本も持ってたりするわけです。



◎ダイヤブロック

 ワタシにとってブロックといえば、レゴではなくダイヤブロック
 せんべい缶いっぱいのダイヤブロックを持ってて、それでよく一戸建ての家を作ってました。
 壁はレンガのように互い違いにくみ上げて、二階もそれに続く階段も作り、屋根もつけてました。庭付きで、植木なんかも置いたりして。
 そしてこの家と組み合わせて遊んだのが、トミカだったのです。トミカもその頃から大好きだったけど、その当時持っていたトミカもみんな捨てちゃったなあ。惜しいことした。

◎超合金

 超合金も大好きでしたが、ワタシ世代でも定番のマジンガー系はまったく持っておらず、鋼鉄ジーグがお気に入りでした。
 磁石でいろんなパーツをくっつけられて楽しかったなあ。

 それから『超人戦隊バラタック』の(主役ロボのバラタックではなく)隊員が乗る戦闘機:トロッターを持ってました。
 戦闘機が合体するってのが好きでした。

 あとはロボではないですが、『SF西遊記スタージンガー』のサー・ジョーゴが乗るマシン:スターカッパー。じいちゃんに買ってもらいました。
 でもそのとき、一つ年下の従兄弟は主役であるジャン・クーゴが乗るスタークローを買ってもらい、ワタシはそれとは別の、ということでスターカッパーになったのです。
 最初は主役機が羨ましかったけど、サー・ジョーゴはクールでカッコイイからまあいいかー、と思ってました。

というわけでなんか長くなってきちゃったので、時代を分けて書いちゃうことにしました。
posted by もぞ at 19:46| Comment(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

好きだったおもちゃ(小学生時代)

◎ボードゲーム

 小学校低学年〜中学年の頃は妙にボードゲームにハマってました。
 友達ともやるんですが、それ以上に自分1人で同時に複数プレイヤー分のコマを動かして遊んでましたねえ。ゲーム性というより、ゲームの世界観を楽しむという感じで。

 一番好きだったのは日本特急旅行ゲーム。特急列車やブルートレイン等に乗って、旅行プランに従って全国各地を周るのです。
 ちゃんと時刻表もあって、その時刻に走っている特急じゃないと乗れないというのが凝っていて好きでしたねえ。
 この旅行プランの中に珍しい駅名をめぐる旅というのがあって、半家(はげ)とか大歩危(おおぼけ)、小歩危(こぼけ)なんかが強く印象に残ってました。
 なので、実際に徳島で大歩危峡のあたりに行ったときは感慨深かったです。でもそのときは夜だったし駅には行ってないので、次こそは駅を見てみたいなー。

 その次に好きだったのは戦国武将ゲーム。戦国シミュレーションのように、領地に城を建てて領土を拡げ、兵力を整えて全国統一していくというゲームです。
 騎馬隊や鉄砲隊のコマ、小判などが雰囲気が出てて良かったです。これのおかげで、全国の昔の国名を覚えてました。

 それからやはり地図系で、エポックの世界旅行ゲーム。ただ画像検索結果で出てくるやつは、ワタシが持っていたやつじゃないんですよねえ。あんまり売れなかったのかなあ。
 ワタシが持っていたのは、平面状のボードではなく、金属でできた半球状の地球儀のような形の盤に、マグネットが付いた飛行機のコマを配置してプレイするやつでした。
 ゲーム性としては日本特急旅行ゲームのほうが上でしたが、ほんとに地球の上を移動しているような感覚になれて、大好きでした。

日本地図パズル

 各県がそれぞれ立体のピースになってて、はめていくと日本地図が完成するというパズルでした。これが大好きで、しょっちゅうばらしては並べてましたねえ。画像検索で主に出てくるやつはワタシがもっていたのと微妙に違いますが。くもんのではなかったです。
 これのおかげで、全県の形、位置を完璧に把握してたし、県庁所在地も覚えてました。ただ、北海道(県単位ではなく支庁単位で別ピース)の支庁だけは覚えられなかったなあ。

◎チョロQ

 最初にチョロQが出た時代にズバリはまってるので、当然チョロQも好きでした。とはいえ、周りの友達が持っていたようなスポーツカータイプではなく、微妙にはずした車種ばかりだったような記憶があります。
 その中でもお気に入りだったのがダグラムチョロQ。もはや車ではありませんが。
 『太陽の牙ダグラム』の主人公機、ダグラムをSD頭身にしたもので、変形させるとプルバックゼンマイで走行させることもできるというものでした(作中では変形しませんが)。ダグラムはプラモも持っていましたが、無骨なデザインが好きだったし、なによりこのチョロQ版の変形ギミックが好きでした。
 従兄弟が持っていたコンバットチョロQゴジラチョロQも羨ましかったっけなあ。

◎電子ゲーム

 LSIゲームとも呼ぶようですが、LEDや、フィルムで決まったパターンのみ表示する液晶を搭載した、スタンドアロンのゲーム機ですね。
 いくつか持ってましたが、奥行き方向に自機を進める擬似3Dのシューティングゲームと、ボイス付きの野球ゲームが大好きでした。
 ただこの辺のゲームは正式なタイトルを覚えてない上に、類似品含め機種が多いのか、画像検索してもなかなかそのものズバリが出てこないのが残念です。

 そんな中好きだったのは、ゲームロボット九
 液晶は搭載していませんが、別々の音が出つつ光るボタンによって、もぐら叩きや記憶ゲーム、電子オルガンなどいろいろ遊べたものです。起動時のメロディが大好きだったなー。

◎ゲーム&ウォッチ

 定番ではありますが、やはりゲーム&ウォッチもズバリの世代なので、2つ持ってました。ただ、今でもよく名前を聞く定番のタイトルではなかったのですが。

 最初に持っていたのがジャッジ。2人のキャラクターがいて、大きい数を出したほうが相手を叩けるというやつですね。
 買ってもらったときは微妙な気持ちだったのを覚えています。このタイトルが選ばれた理由として、親から「算数の訓練になるから」と言われました。

 続いて自分で選んで買ってもらったのがミッキーマウス。四方向から落ちてくる卵を受け止めるゲームです。
 速度が少しずつ異なるので、どういう順番に落ちてくるかの判断が重要で、すばやいボタンさばきも求められる、ゲーム性の高いものでした。
 当時新たに出たワイドスクリーン版で、画面デザインも可愛かったし、ミッキーだからということで親からも支持された記憶があります。
 これが相当ハマってました。カンストの999点まで行って2周目以降も行けるというとこまでやり込んでました。
 ゲームをやらなくなってからも相当の期間、卓上時計として使用していた記憶があります。
posted by もぞ at 18:52| Comment(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

好きだった本(小学校中学年〜中学生時代)

大好きで思い入れのあるおもちゃのことは昨日までで大体書いたので、今度は好きだった本のことを。
ケイブンシャの大百科のことは先に書きましたが、それよりももう少し年齢が上がってからハマったもの。

ぼくは王さま

 低年齢向けの童話だと思うのですが、ワタシは小学校4年頃によく読んでました。
 本を読む能力というか習慣がなかなかつかなくて、その年になってようやく童話を読めるようになったという感じです。
 絵が可愛いし、ひげも生えてる大人な容姿の王様なのに、行動は子供そのもののわがままっぷりというのが面白かったです。それに、これによく出てくる卵料理がほんとに美味しそうで。
 その年齢なのにこの本を借りてるということで、市立図書館のお姉さんに笑われました。昔のほうが寛容じゃなかった気がするので、今ならそんなこともないかもしれませんが。

ドリトル先生シリーズ

 これは「ぼくは王様」よりももう少し後で読むようになって、小学校の図書館でよく借りて読んでました。
 今では内容はほとんど覚えてないんですが、このシリーズの雰囲気が大好きだったのを覚えています。

大どろぼうホッツェンプロッツ

 ドイツの童話です。森に棲む大泥棒を2人の少年がやり込めるという感じの話ですが、このシリーズが大好きでした。
 挿絵も好きだし、舞台となっている「森」の雰囲気も好きでした。
 ワタシはドイツに憧れがあって、大学ではドイツ語を学んだんですが、ドイツに対するあこがれは間違いなくこの童話から始まりましたね。
 残念ながら所有していた日本語版は処分してしまったのですが、ドイツに行ったときにドイツ語版を購入しました。また日本語版も読みたいなあ。

◎王様はロックンローラー

 これは中学時代に好きでした。これもドイツの童話。
 NHK-FMの「青春アドベンチャー」だったか、ラジオドラマで最初に聞いて、気に入ったので原作も読もうということで買いました。
 王様が城、地位を捨て放浪しつつ、自分探しをするような話ですね。その王様はロックが好きで、城でも外でもビートルズやローリング・ストーンズの曲を歌うのです。
 王様がいるのにビートルズという、時代考証も何もないファンタジーですが、絵も可愛いし、作中の雰囲気も良くて、これを読んでも「ああ、ドイツって良いなあ」と思ったものです。

 これはもう絶版になっているようなので、今後も大切にしていきたいと思っています。



旅の絵本

 中学時代にしょっちゅう図書館で眺めてたし、よく借りてました。
 安野光雅さんの絵本で、旅人が世界各地を周る様子を、一切の文字なしで絵だけで綴っているのですが、その絵の中にいろいろな話や絵が隠されているのです。
 よーく見るとキリスト教や神話などの有名なエピソードが行われている一画があったり、有名人がこっそり描かれてたり、あるページのシーンの続きが別のページにもあったり。
 絵もきれいで良いし、見れば見るほどいろいろ見つかるので、どれだけ眺めていても飽きません。



アドベンチャーゲームブック

 それから中学時代にどっぷりハマっていたのがゲームブック。
 今となっては廃れた感もありますが、ワタシの中学時代にはけっこうなブームになっていたような気がします。
 小説の単元ごとに選択肢があり、どれを選ぶかによって次に読むページが変わるという仕組みで、ロールプレイングゲームのように遊ぶことができるわけです。
 ファミコンも1987年になってようやく買ってもらったし、ドラクエなんてそれから2年後くらいにようやくプレイできたくらいなので、中学の頃はこのゲームブックが貴重でした。

 そのハマりっぷりは、大御所であるイアン・リビングストンさんの作品を始め、このシリーズをほぼすべて買ってプレイし、きちんとマッピングもしていたほどでした。
 でもイアン・リビングストンさんの作品は話や世界観としてはとてもよく出来ていたんですが、難易度が高くなかった。なので当時は物足りなくて、新しいのを買ってはプレイし、買ってはプレイし…という感じだったんですが。

 そんな中、難易度的にも申し分なく、話、雰囲気的にもかなり好きだったのがスティーブ・ジャクソンさん作の「ソーサリー」シリーズ。

 4巻のシリーズなんですが、これの難易度が凶悪なのなんのって。特に2巻の「城塞都市カーレ」が極悪だった記憶があります。
 まず魔法の呪文はプレイする前に巻末の魔法の書を暗記し、プレイ中は見ることが禁止。ストーリー中で魔法を書ける場面では、正しい呪文を選択肢から選ぶことになるんですが、間違えるとたいてい死亡。
 情報収集をしっかり行う必要があり、ちょっと道を間違うと死亡。中には確か、選択肢どおりに行くとどれを選んでも死亡っていうのもあった気がします。例えば、選択肢を無視して何ページ先に進むことなんていう情報をどこか別の場所で入手しておく必要があるとか、そんな感じだった気が。
 とにかく難しいんですが、それだけにやりがいは半端でなく、また面白いので、投げ出すこともなく何度もプレイしました。



 あまりに好きで今でもこの4冊だけはとってあります。
 書いてたら昔を思い出して、またやりたくなってきたなー。また苦労するだろうけど、久々にプレイしてみようかな。
posted by もぞ at 18:31| Comment(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

珍来・下町ソースタンメン

ワールドカップが開催中だし、珍来でレイソルカレーラーメンを再び食べようかと思ったんですが、それはヨメに任せることにして、ワタシは6/30までの限定メニューにしてみました。



下町ソースタンメン
昭和醤油ラーメンと同じく、北原さんとのコラボメニューです。
ソース味のラーメンなんだとか。この味で懐かしさを感じられるかはよく分かりませんが。



一体どんなものなんだろうとドキドキしつついただいてみましたが、これが意外と美味しかった。
確かにスープはソース味。紅ショウガも載ってるし、ラーメンというより焼きそばを食べているような感じです。麺と一緒に食べると、よりスープの味がマッチしますね。
まあ美味しいけど、ラーメン的な感じが大分減ってるので、ラーメンを食べたい気分の時には向いてないような。

具のハムカツは、けっこうしっかりした肉な感じがして美味しかったです。後でかける生ソースとの相性も抜群。
ただ、ワタシが昔よく食べたハムカツ(高校の購買で売ってたハムカツサンド)はもっと薄くて安っぽい味でしたが。

ところでこの珍来の柏日立台店、今回初めて奥の席に座ったのですが。



『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』のダースモールのライフサイズフィギュアがあるー!
レイソルユニフォーム着用なのが良いですね!
ほんとにライフサイズフィギュアだとしたらかなり高そう。
しかもこのダースモールの左手前のフィギュア棚がトイレの入口になっているのです。自動ドアのように棚が動いて、中から人が出てきたのでビックリしました。
この店、なんかいろいろすげえ。
posted by もぞ at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

地ビール・エチゴビール ピルスナー、銀河高原ビール ヴァイツェン

今週末も金曜、土曜と地ビールで晩酌しました。

金曜はエチゴビール ピルスナー



キリッとしてるけどキツいほどでなくて飲みやすく、とても美味しかったです。

土曜は銀河高原ビール ヴァイツェンのスターボトル。



良いデザインのボトルですね!
注いでみるとかなり白い感じ。九十九里オーシャンビールもそうでしたが、小麦のビールです。
こちらも美味しい−!
小麦のビールはワタシ的にはかなり気に入りました。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

THE IDOLM@STER ONE FOR ALL(PS3)

アイマスのPS3用新作、『THE IDOLM@STER ONE FOR ALL』、発売してすぐに購入はしていたんですが、まだアイマス2をやってたためにプロデュース開始できてませんでした。

が、ようやくプロデュース開始できたので、まだ序盤ですが感想などを。
ゲーム雑誌を買わなくなってるし、攻略サイトも見てないので、内容やシステムについての事前知識がまったくない状態でスタートしました。



・全体的に、アイマス2の資産を使いながら、エピソードを追加したというイメージ。2のときのように攻略に必死にならなくても良い(?)分、イベントはよく体験できるけど、骨となるストーリーがどうなってるかはまだ不明。

・普段着の衣装が変わってるのは嬉しかった。でもモーションやキャラデザは2と同じっぽい。

・設定や、所属アイドルとの関係がリセットされてるのはちょっと残念。まあ、2の続きでゲームというのは制約が多くて苦しいだろうから仕方ないけど…。

・オーディションは、基本的なルールは同じ。でもアピール時の操作とか、得点配分とかちょこちょこ変わってるので、逆に戸惑う。
 問題なくアピールできたと思ってたら、4000点しか取れなくて愕然。それでも合格したし、レベル4に上がってもまだ1万点しか取れなくて、まだいまいち基準が分からない状態。
 かと思えば、ネットでのランキングを見ると10万点取ってる人もいるし。1周目はまだまだ手探りだなー。

・新曲がいきなりいろいろあるのは嬉しいけど、ボタンを押すタイミングがかなり速くて戸惑った。
 かと思えば「いっぱいいっぱい」のようなよく知ってる曲だと、アピール数が少ないのか、点が伸びないし。難しいなー。

・メニュー画面で放置してると、事務所内でアイドルたちが動き回るから、ついつい見てしまう。こういう演出は、2にありがちだった「作業」感が減るので嬉しいな。
 それから、特定のタイミングで掲示板が誕生日仕様になるのが良いですね。書いてる人物の個性が出てるメッセージになってるし、このボードはじっくり見たいくらいなんで、メニュー画面でしか見られないのが残念。



ようやく1年目の夏に入ったばかりなので、まだ全然感覚がつかめてません。でも2よりは気楽な感じでアイドル活動できるのが嬉しいです。
posted by もぞ at 23:48| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

ウイイレ2014のフットボールライフ

ウイイレ2014もちょこちょことやり始めてるんですが、2012の「フットボールライフ」モードが楽しかったので、2014でもやってみようと。

2014の大きなポイントとして、Jリーグで「マスターリーグ」がプレイできるようになったというのがありますが、ヨーロッパのクラブとは完全に切り離されてて、選手の移籍などもJリーグ内に限定されいてるようなのが残念。
これはこれで良さそうなので、レイソルで監督業を始めてはいますが、「そうじゃないんだよ!」ということで、他の手を模索。

通常の「マスターリーグ」、「ビカム・ア・レジェンド」はヨーロッパの各リーグに加え、南米、架空リーグから選択します。
なので、エディットモードでレイソルはじめJリーグのチームを架空リーグに入れれば良いんじゃ?と思いやってみようとしました。



が、Jリーグのチームを選び、交換先として架空リーグのチームを選ぼうとしたところ、グレーになっており選択できなくなってしまいました。



J1とJ2の入れ替えはできますが、JリーグはJリーグで固定という仕様のようです。残念…。
2012でやったときと同様に、1チームごとにユニフォーム、エンブレムを書き換え、選手も1人ずつ移籍させて…とやればできるでしょうが、今のワタシにはそこまでやる気力がない。

なので、あくまで手軽にチーム単位のエディットのみで、レイソルで楽しむために妥協しました。

Jリーグのチームは動かせなくても、ACL参加チームだったらヨーロッパのチームと同様にエディットできる!
ということで、ACL 2013時のレイソルを使うことにしました。2014がJリーグモードとACLモードが重複している仕様のためできることですねー。しかもACL 2013出場の4チームのサポーターしか楽しめませんが。

レイソルはじめJリーグからの4チームを架空リーグやヨーロッパのどこかのリーグに入れても良いんですが、どうせならと、他国のACL出場チームも一緒に移動。
ACL出場チームで1年間のリーグ戦をやるような感じです。
ACL出場チームとPASリーグ(アジア架空リーグ)のチーム数は異なるので、まずはACL 2013で決勝トーナメントに出場したチーム+知っているチーム=20チームをPASリーグに移動。
残ったチームは2部リーグであるPD IIリーグに移動させます。それでも4チームほど足りないので、仕方ないけど架空チームを使用。

というわけで、こんな感じになりました。



これでとりあえずはマスターリーグ、ビカム・ア・レジェンドでレイソルを使えるようになりました。
もちろん現実味はないわけですが、架空チームはあまり使いたくないし、ACLチームにも馴染みはあるし、何よりレイソルでプレイできるというだけで嬉しいのです。

というわけで、早速ビカム・ア・レジェンドをやってみました。

・2012で作ったプレイヤーをインポートできないのは残念。またゼロから作ります。

・モンタージュは2012より詳細に設定できるようになっているけど、それだけに面倒くささが増したような印象。

・所属リーグは選べるけど、チームは選択不可。貴州人和所属になってしまいました。がんばって成長して、レイソルに移籍するぞー!

・練習風景や代理人などの演出がなくなったのは残念。2012は「アドベンチャーモード」をプレイしているような感覚があって面白かったのに、2014は味気ないメニュー画面が続くだけ。これは起用されない状態が続くと、忍耐ゲームな感じになっちゃって辛そうだ…

・まだ一度も起用されてないので、プレイ感覚は分かりません。
 2012はともかくすぐ練習試合でテストしてくれたのに、2014はそれもなくてなかなか辛い。リアルといえばリアルなんだけど…

というわけで、今の時点では正直「ビカム・ア・レジェンド」が楽しいというところまで行けてません。
2014のJリーグモードやJリーグマスターリーグは良い感じなんだけどなあ。
「ビカム・ア・レジェンド」だけなら難易度を調整して2012でやるというのも手かなー。

でも2014は、ゴールキーパーも選べるようになっているのは大きいですね。

もっとも、試しに…と中村航輔選手(レイソルの現在の第4GK)でプレイしてみたら、全然使ってもらえなくて、延々とメニュー画面のまま進行させる、なんのゲームなんだかよく分からない状況になってしまいました。
それならと菅野選手にしてみたら、さすがにすぐ使ってもらえましいた。でもまだ「ビギナー」でやってるため、レイソルが鬼強くて、何もしなくてもフォワード陣がばんばん点を取ってくれ、試合中はやることがなくて暇だったり。

2012のときからゴールキーパーをやってみたかったので念願の、のはずなんですが、今のところは微妙です。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

地ビール・こしひかり越後ビール

会社の制度を使って木曜、金曜と連休にしたので、休み前の晩餐。

前回と同じくエチゴビールの、こしひかり越後ビールをいただきました。



大麦麦芽、小麦麦芽に加えて、米を使用していることが特徴です。
飲んでみたところ米な感じはしませんが、飲みやすいし美味しいー。
「辛口」と書いてありますが、きつくはなくて飲みやすく、キレがあってスッキリしている感じ。
和の食べ物ともよく合うと思います。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

ムーミンハウスカフェ

木・金と会社をお休み。
というわけで、ワールドカップをテレビ観戦した後は東京スカイツリー、ソラマチに行ってみました。
以前はトミカショップに行っただけなので、今度こそスカイツリーに登ろうということで。

まずはムーミンハウスカフェ
『楽しいムーミン一家』は大好きな作品なので、このお店はちゃんと来てみたかったのです。
平日とは言え、ちょうどお昼時だからか何組か行列が。40分ほど待ってから入れました。



店内はムーミンのフィギュアや、ヨーロッパを感じさせるような良い雰囲気のもので飾られてます。

ムーミンパパとムーミンママが隣について、接待してくれました。



とはいえ、ムーミンパパのほうは最初ムーミントロールとしてやって来たはずが、お店の人にシルクハットを被せてもらってムーミンパパになったのですが。
ムーミントロールとムーミンパパの違いってシルクハットのあるなしだけじゃないはずなのに(笑)

コースターをもらえるのですが、キャラクターは選べないようで、ウチに来たのはムーミンママとモラン。



モランも重要なキャラクターではありますが…うーん。
まあ、ムーミンママの絵がすごく良かったので、それは嬉しい。

せっかくなので、よりフィンランドっぽいものが良いということで、Finlandプレートにしてみました。



サーモンを中心としたメニューです。サーモンミルクスープが特に美味しかった!
数量限定ということで、ウチが頼んだ少し後には終了となっていたようです。食べられて良かった!

ドリンクは、ブルーベリーコーヒームーミンのグロッギをいただきました。



グロッギは、フルーツが入って甘酸っぱい味わいのホットドリンク。シナモンなどのスパイスが効いてます。
本場ではワインで作るようですが、「ムーミンの」ということでノンアルコール。
スライスアーモンドも浮かべてあって美味しかった!

でこのお店、『楽しいムーミン一家』の主題歌・挿入歌や、BGMも流れてて、感じが出ています。
白鳥澄夫さんが手がけたBGMも大好きで、「サウンドトラックVol.1」「スナフキンの旅立ち」の2枚のCDは相当聴いてたんですが、聴いたことない曲が流れてるー?あれー?知らない間にサントラVol.2が出てた?帰ったら調べてみよう…と思いつつ、ショップコーナーを見ていたらCDがあるー!

ということで購入しました。
「ムーミン・セレクション 〜ムーミン主題歌集〜」。



主題歌、挿入歌はアルバム、シングルCDでみんな持ってるんですが、BGMも収録されてます。
既に持ってる2枚のサントラに収録されてないBGMもあるので、それが狙い。
こんなCD出てたんですねえ。1992年に出たアルバムの再発ということですが、当時も知らなかったのか、主題歌はみんな持ってるからスルーしてたのか。
ともかく入手できて、また白鳥澄夫さんの曲が聴けるのが嬉しいです。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

東京スカイツリー

ムーミンハウスカフェに続いて、スカイツリーへ。

さすが平日、ほとんど待ちがなく、スムーズに天望デッキまで登れました。



地上350mはさすがに高いですねー。
ワタシは高いところは苦手なんですが、ここまで高いと現実味がないというか、眼下に広がる景色がジオラマのようでした。

遠くはかすんでいるので富士山や筑波山は見えず。
でも天気も良く、都内の景色は一望できました。



国技館もよく見えました。



1階下の地上345mのフロアに降りるとSky Restaurant、The Skytree Shop。
ショップにあった、スカイツリーのLEDライト付きフィギュアを買おうか迷ったけど、下のショップにも別なのがあるかもしれないと、買わずにさらに下、地上340mのフロアへ。

こおフロアには下を覗ける窓があります。
最初は柱。ソラカラちゃんも除いてます。



そして上に立てるガラス窓。
さっきはさほど怖くはなかったけど、地面が遠くの真下に見えると、やはり怖いですね。



天空からの景色を堪能したので、下へ。
5階のショップでなにかないかなーと物色していたら、海洋堂の東京ランドマークというカプセルトイが。
ブラインドではあるけれど、スカイツリーもある!出来も良い!ということで2コ購入しました。

その結果…



「粋」にライトアップされたスカイツリーが出た−!トミカ・テコロジージオラマ運転トラックと同じカラーです。
そしてもう1つは東京タワー!2つ並べると良いですねえ。スケールは揃っていませんが。

というわけで、この後は下町さんぽです。
下から見上げるスカイツリーはやはり大迫力!

posted by もぞ at 16:04| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

下町さんぽ

スカイツリーに登った後は、下町さんぽということで、近辺を散策しました。

ソラマチ内にある100% Chocolate Cafe.でチョココロネ。
まずは基本のということで、プレーンカカオを購入しました。



帰宅後にいただきましたが、チョコがたっぷりで美味しい!というかほとんどパンな感じがしないほどのチョコ感です。

というわけで街中へ。
こういう路地から見えるスカイツリーがすごく良い感じですねえ。



目的地は別にあるのですが、途中で通りがかったのが墨田公園少年野球場
王さんも少年時代にここでプレイしていたんだとか。
今ではすぐ後ろに首都高が走ってて、昔に比べると開放感が減ってそうで少々残念な気も。



で、当初の目的地は隅田公園少年野球場からほど近いところにある山本や
長命寺桜もちのお店です。



スカイツリーも横に見えてて良い感じ。
店内でお茶と共にいただいてきました。



『サクラ大戦』歌謡ショウ、「海神別荘」内のセリフで出てきた桜餅です。
餡も、もちもちした皮も美味しかった!

続いて、これまた近くにある言問団子



3色のお団子、6個入りを購入。帰宅後にいただきました。



上から、白餡、小豆餡、味噌餡です。
どれも美味しかった−!それぞれ味、食感が違い、飽きずに楽しめますね。
味噌餡も、別にしょっぱいわけでもなく、味噌の旨み、甘みが生きている感じでした。白餡はふわふわな食感が面白い。でも味はやっぱり小豆餡が一番好きでした。

桜橋を渡って、隅田川の向こう岸へ。



ちょうど良い感じに船が通り、情緒が感じられました。
スカイツリーは未来的な建造物ですが、隅田川や下町の風景にしっかり溶け込んでいる感じですね。

続いて浅草寺へ。



平日でも参拝客が大勢いて賑やかです。
雷門もしっかり見てきました。



雷門をはじめ、浅草寺や浅草のこのあたりは、『サクラ大戦』の舞台になっているところですね。
ゲーム版の1で、浅草寺で戦闘したものです。

歩き回って疲れたことだし、アンヂェラスで休憩。



太正浪漫な感じの店内もステキです。



やはりここではアンヂェラスですな。美味しい−!
水出しコーヒーのダッチコーヒーと一緒にいただきました。梅酒を入れるタイプもあります。



アンヂェラスといえばサクラ大戦の曲、「メトロで行こう」で歌われていますね。
同じくこの曲で歌われているヨシカミも近くにあります。以前来たときはヨシカミにも寄ったんですが、木曜は定休日ということで、今回は行けず。

続いて、やげん堀
七味唐辛子を購入しました。



好きな配分で調合してもらえます。
山椒を多めにしてもらいました。家で焼き鳥に振りかけて食べてみましたが、良い香りで美味しかった−!

最後は肉まん、シューマイなどのお店、セキネ
店構えも良い雰囲気です。



肉まん×4個を買って帰りました。



あんはころっとした感じのお肉が入っていて、肉汁たっぷり。あんを食べたあと、肉汁が染みこんだ皮がまた美味しい!

それから、ムーミンハウスカフェのときに書き忘れたので、ここで。
ニョロニョロドーナツもいただきました。



ニョロニョロが描かれた包装紙がカワイイですねえ。
ブルーベリーが練り込んであって美味しかったです。他の味もあると良いのになーと思ったら、期間限定で他の味が出ることもある模様。

いやー、町並みも堪能したし、美味しいものもいろいろ味わえて大満足でした。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

ラーメン横綱3

昨日は買い物の前にラーメン横綱でお昼ご飯。

また新しいのを試してみました。
今回は肉味噌炙りチャーシュー麺。期間限定です。
通常の味と新味が選べますが、前回新味ラーメンを食べて気に入ったので、それで。



炙りチャーシュー美味しい−!
新味のスープはさすがに良いですね。特に肉味噌、炙りチャーシューの香り、旨みが加わって、さらに良い感じです。
ただ、肉味噌単体で食べてみると味が濃すぎるように感じました。スープと一緒に食べるほうが良いかな。
ネギを追加しても相性が良い感じです。
posted by もぞ at 14:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

2014年06月23日のついーと


posted by もぞ at 09:01| Comment(0) | ついーと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

iPod classicの強制再起動

iPod classicを使用しているのですが、なんか最近調子が悪いのです。

普通に曲を聞いてたり、選曲しようとホイールを回したりしてると、いきなり「ぶつっ」という音と共に強制再起動。
Appleマークの画面のまましばらく止まって、再起動するとメニューの設定が初期化されてしまってたりとか。



↑は再現画面ですが、2〜3日に1回はこの画面を見ています。
前からたまにはあったんだけど、ここ最近は頻度が上がってて、今朝なんかは朝だけで3回強制再起動してしまいました。

これはなんかおかしいぞ、ということで思い当たるのが「iPod classicの空き容量が不足しているのでは?」ということ。
パソコンだってハードディスクの空き容量が少なくなると不安定になりますからねえ。

購入時はたっぷり空き容量があったんですが、その後もどんどん曲が増えていき、160GBあっても全曲入れることができなくなりました。



なので、転送する曲を減らして、ちょうど入るくらいの曲数に絞ってたんですが。



さすがに520MBの空きでは、システム的に不足しているということではないかと。

ということで、もう少しがんばって曲を減らしてみました。



なんとか3.1GBまで確保しました。
これでまた頻繁に落ちることがないかどうか、様子を見てみることにします。
まだ足りないような感じがして不安なので、もっとがんばって選曲しないとなー。
posted by もぞ at 22:38| Comment(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

ビール・金のビール

週末は晩酌ー。

コンビニ限定のビール、金のビールを飲んでみました。



おおー、なんか「麦!」って感じ。
かなりコクがあって美味しいです。
苦みはワタシ的には少々強めだけど、いやな感じになるほどではありませんでした。

セブンイレブンの限定ビールは美味しいのが多くて良いですねー。
posted by もぞ at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

魁力屋3

買い物の前に魁力屋でお昼ご飯。

前回のコク旨ラーメンが相当気に入ったのですが。
やはり他の味も試してみたい、ということで、今回はみそらーめん



素直な味噌ラーメンの感じでとても美味しいです。
背脂入りですが、しつこくもなくちょうど良い感じのコク。

卓上の刻みニンニクがすごくよく合います。
辛みも足したかったので、中華辛味噌のようなもの(名前忘れました)も少々足しました。
そしてやはりネギも合いますねー。
posted by もぞ at 19:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

ビール・エビスロイヤルセレクション

一昨日に引き続き、昨夜もコンビニ限定のビールで晩酌。
今度はエビスロイヤルセレクションです。
青い缶がきれいですね。



入れてみると、おおーっ、なんだか濃い色。
こちらも麦感が強くて、しっかりした味という感じ。
少々苦みが強く感じましたが、なかなか美味しいです。

ワタシはビールがあまり得意じゃないのでちびちび飲むことが多いのです。
でも昨日はたまたま一気にぐいっと飲んでみたんですが、そうしたほうが美味しく感じました。
これはこのビールだからなのか、ビール全般そうなのか。よく分かりませんが、飲み慣れているビールのときにでも試してみようと思います。
posted by もぞ at 10:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

SIKU・シュトラセンバーン

SIKUのStraßenbahnを購入しました。
1年2ヶ月ぶりのSIKUです。



Straßenbahnとは路面電車のことです。
ドイツの街にはよく路面電車が走っています。大学時代に2ヶ月ほど滞在したアウクスブルクでも走ってて、毎日通学に使ってました。
週末に遊びに行った他のドイツの街でも走ってたし、新婚旅行で行ったオーストリア・ウィーンでも走ってて、移動の足に使ってました。

ウィーンの路面電車とは白赤の配色が逆なので、このSIKUのは別の街のものなのか、それとも特定の路線ではないのか。
でも雰囲気的には近くて、なんだかすごく懐かしい感じなので気に入りました。
posted by もぞ at 00:00| Comment(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする