2020年08月02日

ハイモック

作りかけのを再開する前にもう少しリハビリで簡単なキットを作りたいなー、てことでハイモック。



ランナー2枚+ポリキャップのシンプルな構成、いかにも量産機な無骨な見た目がたまりません。



で、靴を作成。安定度を高めるため隙間に釣り用の丸錘を開いたものを入れ、ボンドを充填。



足裏がガッツリ肉抜きされてます。
脛は前側のモールドの段差が甘く感じたので、カンナヤスリで削って段差を強調させました。この写真だと分かりづらいけど。



ハイモックの脛までを組み立て。



ヤスリ傷や接着剤、ゲート跡補修にガンダムマーカーがかなり役立った!写真ボケてるけど。



荒れてるとこにザクライトグリーンで塗装。近い色のはずだが、成型色とは違う。でも乾く前にに綿棒でざっと擦ると驚くほど馴染む!こういう使い方がいいのかー。



腿。
ライトグリーンの塗装指定だけど、成型色より明るいグリーンのマーカーは持ってないので、逆に濃いザクダークグリーンで塗ってみた。



最初は色が乗らないが、塗り重ねるとよく発色。結構暗いけど、さらに塗ると明るくなったりよく分からんのですが。



胴体。合わせ目が目立たないパーツ構成なので楽チンです。ゲート跡をガンダムマーカーで補修した程度で組み上がっていきます。



胸の丸モールドの彫りが浅いので、スピンブレードで彫り直し。



マーカーの黒を塗装、はみ出し部分を消しペンで修正。



胴体に両脚を取り付け。



それからバックパックのバーニアが寂しかったので、



シルバーで塗装してみた。
あとで消せばいいやと思ってはみ出しを気にせず塗ったけど、適当過ぎてなおすのに苦労してます。



腕を組み立て。
二の腕は腿と同様に塗装。銃もスミ入れぐらいしとこうかな。



バックパックに他社製のバーニアノズルパーツを接着。あらかじめガンダムマーカーのゴールドで塗っておきました。
キット素組み状態に比べるとバーニアっぽくなったかな?



頭。と言っても切り離すだけなんで、ちょこっといじってます。
モールドをマイクロチゼルの0.1、0.2mnで彫り直しスミ入れ。丸モールドをスピンブレードで彫り直し黒で塗装。



モノアイは削り落としてスピンブレードで平らに。綺麗じゃないけど、パーツ貼るしまぁいいや。



彫り込んだモノアイ部分に他社製のレンズパーツを貼り込み。
で、その下に蓄光シールを丸く切り出したのを貼ってみたのです。



あんまり効果なかったかな?と思ったけど、暗くしたらぼんやり光ってくれた!期待してたよりは暗いけど、良かった。



足裏の肉抜きをプラ板で蓋。形に合わせて切り抜かず、上から被せちゃって、モールドのとこをくり抜き。
踝のモールドはラインチゼルで彫り直し。足裏のバーニアは置き換えるため削り落とし、スピンブレードで平らに整形。



ヤスって付いた傷を、似た色のガンダムマーカーで塗って消しました。



足裏の肉抜きに被せたプラ板にスジボリ追加し、ガンダムマーカーで塗装。彫っておいた窪みに、予めシルバーで塗装した丸モールドを貼り付け。
足裏にバーニアがある感じになったかな。バーニアが少々小さいのと、スミ入れが濃すぎたけど。色ムラは相変わらず。



もう片方の足裏も塗装してバーニアを接着、脚を組み付け。



各所にある3mm穴にいろんな武装をつけてみたいなーとは思うけど、とりあえずこれで完成。



組みやすくて楽しかったし、なによりカワイイ!
posted by もぞ at 00:21| プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

レイソルダブルオー

Jリーグコラボガンプラのダブルオーガンダム(レイソルバージョン)。



クリアパーツもイエローだし、チームロゴやレイくんステッカーが付いてるのも嬉しい。



黄黒のランナー3+ポリキャップという構成。



今回も足から。黒のゲート跡はマーカーで補修が必要だけど、黄色は白化しにくくて良かった。
シール指定箇所はガンダムマーカーで塗装。膝の銀と脛の黒ライン、グレーで墨入れ。この黄色パーツは黒の乗りが良い。



細い脚ですねえ。専用のシールは後でまとめて。



各所スミ入れの他、頭部アンテナのフラッグを切り飛ばし、黒と金で塗装。



背面は、バーニアを銀、後頭部のセンサー?を金に。



シールを貼りつけ。
貼ったのは、右肩にチームロゴ、左肩にエンブレム、膝に黒ストライプ、甲に靴紐。
小さいながらエンブレムが入ると良いですねえ。まだロゴとエンブレムいくつかと、レイくんシールが残ってるけどどこに貼ろうかな。



頭が細かくて大変だったけど、全体的には組みやすくて楽しいキットでした。
posted by もぞ at 19:30| プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

1/144・ペイルライダー(空間戦仕様)[クリアカラー]

気軽に作れるクリアカラーのガンプラを始めました。1/144・ペイルライダー(空間戦仕様)[クリアカラー]。



このコが登場するゲームは未プレイなのでよく分からないのですが。




なので通常状態と「HADES発動時」のどちらにするか決めかねたので、説明書の順番を無視して脚から作り始めました。



ペイルライダーの両脚の脛。ストレスなくパチパチ組み上がって楽しいなあ!



太腿も作ったので、ペイルライダーの両脚が完成。関節がよく動くのでポージングの幅が広そうですね。



ペイルライダーの下半身〜胴体、バックパックを組み立て。



HADES発動時は胸の排気口に金色のシールを貼る指定なので、これは部分的にゴールド塗装すれば映えそうだ、ということでHADES発動時で組むことにしました。



厳密には設定と異なる配色だろうけど、雰囲気重視で。



ペイルライダーの右肩。
あと、脛のバーニアもゴールドで塗っちゃいました。設定ではHADES発動時でも色変わらないみたいだけど。



左肩と、背中にくっついてるガトリングガン。
軟質素材の給弾ベルトが良い感じですね。



ペイルライダーの右の上腕を組んで、何箇所かゴールドで塗装。
クリアブルー+ゴールドが気に入ったので、いろんなとこに塗ってますが。



ここで活躍してるのがガンダムマーカー消しペン。はみ出しても消しペンを塗って綿棒とかで拭き取れば綺麗にモールドにだけ色が残ってくれます。



ペイルライダーの武器。



このペイルライダーは空間戦仕様だけど、余剰パーツで陸戦型の武器が一部入ってます。なのでマシンガンも作れちゃう。グレーの。シールドもかっこいいんだけど、パーツが足りない。残念。



で、空間戦仕様のシールドは表側をメタリックブルーで塗ってみました。



頭部アンテナのフラッグは切り落とし。



ペイルライダー 空間戦仕様(クリアタイプ)が完成しました。
ビームサーベルも持たせたけど、やはり銃系を持ってる方が好き。



部分的にメタリックカラーを塗るのが楽しかったし、効果的なので嬉しい。



せっかくなので陸戦型用マシンガンも。

posted by もぞ at 00:00| プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

1/144・ガンダムダブルオーダイバー[トランザムクリア]

ガンダムベース限定のキット、ガンダムダブルオーダイバー[トランザムクリア]
クリアカラーのキットは気軽に作れて楽しい。



きれいだなー。



関節のシールを貼る指定の部分はガンダムマーカーのシルバーを塗りました。



右腕を組み立てて、胴体に取り付け。



左腕組み立て開始。ガンダムマーカーのシルバーで少しだけ塗装。



左腕完成。



顔のパーツが細かすぎて困難を極めました。ピンセットでも掴めなくてパーツを飛ばし、部屋中探したり。




というわけで完成しました。クリアレッドはキレイ!


posted by もぞ at 11:30| プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

1/12・R5-J2

久々なので作りかけのでなく、簡単に作れそうなキットに寄り道。グロスインジェクションでテカっとしてるので、下手にいじくり回さないほうがよさそうだし。

右足の途中まで。



右脚、左脚、中脚まで。



胴体の組み立てにも入ったけど、オレンジ指定(シール)の部分を思い切ってイエローに変更。まだ塗ってない部分もあるけど、ガンダムマーカーでここまで発色させるのに結構塗り重ねた。



ガンダムマーカーイエローで塗装。



腕と同の前後にあるシルバーのライン。
シールの指定のとこだけど、ガンダムマーカーのシルバーで塗装して、はみ出したとこをブラックで補修。
シールよりギラギラした感じになったのは良かった。
残りは三次元曲面に線を引くことになる頭部だけど、どうやるか。



細かいパーツをつけて胴体を組み上げ。両脚と中脚もつけて自立できるところまで来ました。でも接地性が今ひとつ。中脚か両脚のどっちかがどうしても浮くんだよなー。なんでだろう。



頭部のラインを塗装するために幅1mmのマスキングテープを購入。曲面にもよく追従してくれます。



頑張って貼り付けてガンダムマーカーで塗装したけど、剥がしてみたらけっこうはみ出しちゃってた…




マーキングをして、設定とは異なるけど眼部分をゴールドで塗装。小物をつけて完成。



スターウォーズエピソード6にチラッと出てるドロイドのR5-J2。



色ムラやハゲがあるが、使い込まれた感が出て良い…と自分を納得させる。
posted by もぞ at 15:08| プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

フジミ・1/76 ヤークトティーガー

プラモ製作、Twitterだけだと後で見返したいときに不便なので、こちらにもまとめることにしました。
作り始めはなんと7年前の2013年9月。7年もほっぽり出してしまってましたが。

映画「フューリー」を見て以来、戦車を作りたくなったので、随分前に作り始めて最初で挫折してたドイツ戦車・ヤークトティーガーを再開。
戦車プラモは素人すぎてどうせ高度なことはできないので、無塗装素組みでとにかく形にすることを優先にします。



動輪、フック、榴弾・薬莢を接着。細かくてピチッとつけられてないけど、まあいいや。



エンジン。
3パーツだしすぐできるだろうと思ったら、バリがすごくて処理に手間取りました。




普段ガンプラばかり作ってるので気付きにくいが、こういうときバンダイクオリティの凄さを感じる。



後部パネルかな?排気管がついてるところ。
パーツが細かくていいディテールだけどホゾ穴のないパーツも多く、位置決めが難しい。ほんと昔のプラモみたい



砲塔。
ディテールは良いが、なかなか困難な組立でした。ホゾのない細かいパーツを接着剤点付けしたり、可動のためにピンポイント接着が必要だったり。
で、この過程で砲塔のハンドルパーツを紛失。組み上げたらほぼ見えなくなるので諦めました。



車体にエンジン、砲塔等を組み付け。
これも困難を極めました。サイズが合わない、ホゾ穴の位置がズレてる等で、削って調整。模型誌でよく言われる仮組みとパーツの合い調整が必要なのを痛感。どうも世間では「フジミクオリティ」と揶揄されてるらしいが…



履帯。
まず輪っかにし嵌めてから接着



と思ったら、うまく入らない。なので少しずつ貼り付けてくことにしたら、長さが足りないのか、付け方が良くないのか。



これじゃ履帯として機能しないが、フェンダーで隠れるしもういいや。うーん組み方の正解がわからん。



履帯、反対側。
今度はまず並べてリモネンセメントで接着し、固まりきらないうちに巻きつけるという方法に挑戦することにしました。
パーツを切り離して、マステを使って並べる。



履帯、反対側。
最初に15パーツの履帯を接着…したが外れてしまい、結局上と下2つを転輪に接着。後で上下繋げる形になりました。



ガタガタで汚くなったけど、なんとかくっついた。やはり少々長さが足りなかったけど。履帯はまだまだ修行が必要だなー。



車体にフェンダーをつけて、予備履帯や工具、ハッチなどを貼り付け。ホゾもなく平面に貼り付けるので位置決めが難しいし、接着面も狭いので大変。
でもこうなるとだんだんそれっぽくなってきて楽しいですね。あと少しだ。



下手過ぎて泣きたくなってくるが、全パーツ組み付け。



フェンダーの位置を間違えてるし隙間はできてるしと散々だが、ともかく形にできてよかった。あとは搭乗員フィギュア。



それにしても、説明書だと数パーツ(アミ)だけ余ると書かれてるけど、実際には結構な数のパーツが余ったのだが。




搭乗員フィギュア。



乗せてみたらキューポラがギリギリで戦車長の体勢が変。



ともかく無塗装・素組み完了。塗装は気が向けば。次はガンプラでリハビリだ…。やはり戦車は難しいが、これだけ出来ないと、タミヤのキットでもそうなのか試したくなる。
posted by もぞ at 00:09| プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

作業机整備

年末から元旦・二日まで、作業机周りの整備ばかりしていました。

注文していたワイヤーラックが元旦に届いたので、早速組み立て。



7段と背が高いラックですが、天井に突っ張らせているので安心。
下5段は耐荷重80kg、上2段は40kgと収容力もバッチリです。とりあえず積みプラなどを中心に溢れていたものを収めたので、これからじっくり整理していきます。



それから、以前から使用していたデスクを使いやすくするために整備。
回転式のマウストレーをニッパーなどの置き場にしていたのですが、上に乗せていたマウスパッドが小さかったので、置ける場所が狭かったし、小さいものを置くとうっかり落としそうになる状態でした。



そこで、100円ショップで購入したコルクシートを大きさを合わせてカット。切り口からコルクがぽろぽろと落ちる感じになってしまったので、周囲に木工用ボンドを薄く塗布してコーティングしました。
これでマウストレーの全領域を使えるようになりました。



左側のワイヤーラックの一番上にS字フックをかけて、組み立て中のランナーをぶら下げるスペースに。
これまでは箱の中に積み重なったランナーを探すのでとても非効率だったし、そのときに細かいパーツを破損しそうだったのですが、これでぐっと作業がしやすくなるはず。



他にも机の上の道具の置き場所を変更したり、前面に陣取っていたコレクションケースを左側の棚に移動したり。
天板上のスペースを確保しつつ、プラモ製作に使用する道具を取りやすい場所に配置する方向で整備していきました。



これで、快適で効率的な作業スペースを作ることができました。
こうなると積みプラや、製作途中で他のキットに浮気して放置状態のキットとかもどんどん作りたくなります。今年は去年よりも完成数を増やせるように頑張ろう。
posted by もぞ at 00:00| プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

1/144・HG ガルバルディβ [クリアカラー]

モーターショー後のガンダムベース東京で購入したガルバルディβ [クリアカラー]を組み立て。



以前から少しずつ作ってたんですが、やっとできました。



眼のパーツの成形色がグレーだったので、ガンダムマーカーのメタリックレッドで塗装しました。この写真だとわかりにくいですが。



ゲート跡が白化して目立ちますが、補修もしにくいので気にせずこのまま。



ライフルのスコープに市販のクリアパーツ:Hアイズを貼り付け。
シールド中央の凹部分をガンダムマーカーのゴールドで塗装しました。

というわけで完成。クリアカラーのキットは気軽に素組みできるから楽しいですね。
購入したクリアカラーのキットはもう1つあるので、そちらも組み立てるのが楽しみ。
posted by もぞ at 17:13| プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

ゴトプラ・東京タワー(蓄光Ver.)

東京タワーで購入したプラモを作りました。
ゴトプラの東京タワー(蓄光Ver.)

ランナー状態では東京の文字となっていますが



組み立てると東京タワーに!



しかも蓄光バージョンなので、光をあてた後に暗くするとぼーっと光ります。
カッコイイ!



パーツの精度はイマイチなので、ほぞを削ったり接着したりもしました。
それでもキチンと合わずに隙間ができてしまってたりしますが。
お土産としてこうやって楽しんで光らせたら楽しいんじゃないかと。
posted by もぞ at 00:00| プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

SD・量産型ズゴック製作1

今日は、モーターショーの後に行ったガンダムベース東京で買ってきたプラモ製作。
まずは素組みならあっという間にできる量産型ズゴック



少ないパーツ数ながらなかなかの可動範囲だし、なによりカワイイので。



というわけでとりあえず素組み。うん、やっぱりカワイイし、このパーツ数なのになかなかの色分けがされています。



ガンタンクのときのようにそのままでも良いかもだけど、ちょっと手を入れたくなったので、もう少しやります。



そしてこれがおまけでついていた航空兵器のファンファン
わずか2パーツながらなかなか良い雰囲気です。



後ろは肉抜きがスゴいことになっていますが。

posted by もぞ at 22:04| プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする